マンガ電子書籍のジャンル一覧はこちら

芥川賞(第166回2021年下半期)の発表日時や受賞候補者とノミネート作品

第166回芥川賞(2021年下半期)の発表日時の画像

第166回直木賞・芥川賞
【直木賞】今村翔吾【塞王の楯』米澤穂信『黒牢城』
【芥川賞】砂川文次『ブラックボックス』

日本でもっとも有名な文学賞といえば、やっぱり芥川賞ではないでしょうか。

直木賞や本屋大賞も有名ですが、芥川賞の知名度やネームバリューははかりしれないものがあるといえますよね。

そこで、そんな芥川賞とは、どういう文学賞なのか、チェックしていきたいと思います。

さて、次の芥川賞は、第166回(2021年下半期)なのですが、こちらがどうなるのかも、おおいに気になります。

それでは、さっそく、第166回芥川賞(2021年下半期)の発表日時はいつなのか、確認していきましょう。

また、第166回芥川賞(2021年下半期)の受賞候補者とノミネート作品の予想もしていきますので、ご覧ください。

↓直木賞はこちらで確認できます。
直木賞166回2021年下半期の受賞ノミネート予想日時の画像直木賞(第166回2021年下半期)の発表日時やノミネート作品一覧と受賞作予想

前回165回の芥川賞(2021年上半期)は2作品受賞

前々回の第164回芥川賞(2020年下半期)は、宇佐見りんさんの『推し、燃ゆ』が受賞しましたが、前回165回の芥川賞(2021年上半期)は、

  • 石沢麻衣さんの『貝に続く場所にて』
  • 李琴峰さんの『彼岸花が咲く島』

が2作品同時受賞でした。

宇佐見りんの画像宇佐見りんの経歴と小説作品一覧|「推し、燃ゆ」のあらすじや設定と感想

ちなみにこの時のノミネート作品は以下の5作品となっていました。

  • 石沢麻衣『貝に続く場所にて』
  • くどう れいん『氷柱の声』
  • 高瀬隼子『水たまりで息をする』
  • 千葉雅也『オーバーヒート』
  • 李琴峰『彼岸花が咲く島』
試し読みしてみる
(電子書籍ストアBOOK☆WALKER)

芥川賞とは

芥川賞の正式名称は、「芥川龍之介賞」。

芥川賞といえば、なにかとよく比較されるのが、直木賞でしょう。

どちらの文学賞も、日本文学振興会が主催しています。

ちなみに、芥川賞と直木賞は、授賞対象作のジャンルが、芥川賞は純文学、直木賞は大衆文学という点で異なっていました。

ほか、授賞対象となる作家が、芥川賞は新人・中堅、直木賞は中堅・ベテランという違いがあります。

授賞対象となる作品の発表形態が、芥川賞は雑誌掲載作、直木賞は書籍なのも違いの1つ。

授賞対象となる作品の長さが、芥川賞は短編・中編、直木賞は長編・短編集なのもおなじです。

そんな芥川賞と直木賞は、菊池寛さんが、1935年に創始し、今日に至るまで、85年も続いてきました。

それぞれ、毎年2回発表されています。

芥川賞のここ5回分の受賞は、第159回芥川賞(2018年上半期)が、高橋弘希さんの『送り火』。

160回芥川賞(2018年下半期)が、上田岳弘さんの『ニムロッド』と、町屋良平さんの『1R134秒』。

161回芥川賞(2019年上半期)が、今村夏子さんの『むらさきのスカートの女』。

162回芥川賞(2019年下半期)が、古川真人さんの『背高泡立草』。

163回芥川賞(2020年上半期)が、高山羽根子さんの『首里の馬』と、遠野遥さんの『破局』。

第164回芥川賞(2020年下半期)が、宇佐見りんさんの『推し、燃ゆ』。

第165回芥川賞(2021年上半期)が、石沢麻衣さんの『貝に続く場所にて』と李琴峰さんの『彼岸花が咲く島』でした。

ちなみに、これまでの受賞者で、年齢が低かったのは、1位が19歳だった綿矢りささん。

2位が金原ひとみさん。

3位が丸山健二さん。

4位が石原慎太郎さん。

そして5位が大江健三郎さん。

一方、年齢が高かったのは、1位が75歳だった黒田夏子さん。

2位が若竹千佐子さん。

3位が森敦さん。

4位が三浦清宏さん。

そして5位が米谷ふみ子さんです。

今後も、芥川賞の動向を注視していきましょう。

芥川賞第1662021年下半期の発表日時

それでは、次の第166回芥川賞(2021年下半期)が発表される日時は、どうなっていたのでしょうか。

2回の発表とはいえ、気になりますよね。

芥川賞は、直木賞もそうですが、例年、1月と7月に発表されています。

2020年は新型コロナウイルスの問題があり、2021年も引き続き新規感染者数は増えたり減ったりを繰り返しました。

完全収束の目処は立たないものの、選考自体は障りがないと思いますし、これまでどおりいけば、20221月とみられますが、実際のところは

探ってみましたら、第166回芥川賞(2021年下半期)は、2022119日(水)に選考されるとのこと。

なお、その次の第167回芥川賞(2022年上半期)は、2022720日(水)に選考されることも決まっていました。

芥川賞は選考された日に結果が発表されてきましたから、第166回芥川賞(2021年下半期)の場合は、2022119日に発表されるとみていいと思います。

ちなみに、発表の時間帯ですが、例年まず選考委員会が開かれ、その約2時間後に発表となっています。

第162回(2019年下半期)までは16:00に選考委員会が開かれ、18:00頃に発表されていました。

しかし第163回芥川賞(2020年上半期)だけは、新型コロナウイルス感染拡大の影響か、14:00に選考委員会、発表は16:00頃でした。

第164回芥川賞は、選考委員会が15:00、発表はその約2時間後の17:00頃でしたので例年より早かったものの、前回よりも1時間遅くなりました。

時間は追って判明すると思いますので、随時情報を待ちましょう。

芥川賞の候補者(ノミネート)の発表日時は?

166回芥川賞(2021年下半期)の候補者(ノミネート)は、2021年12月17日の午前5時に、ツイッターで発表されました。

■芥川賞候補

—-的中——

  • 乗代雄介「皆のあらばしり」
  • 砂川文次「ブラックボックス」
  • 島口大樹「オン・ザ・プラネット」

-—予想できず—

  • 石田 夏穂 「我が友、スミス」(すばる)
  • 九段 理江 Schoolgirl」(文學界)

候補者のプロフィールや経歴は以下をご確認ください。

乗代雄介の『皆のあらばしり』が掲載された新潮10月号の表紙画像乗代雄介「皆のあらばしり」のあらすじや感想と芥川賞の下馬評 砂川文次「ブラックボックス」の表紙画像砂川文次「ブラックボックス」のあらすじと感想を徹底調査 島口大樹「オン・ザ・プラネット」が掲載された群像12月号の表紙画像島口大樹「オン・ザ・プラネット」のあらすじや感想と芥川賞の下馬評を調査 九段理江「Schoolgirl」の表紙画像九段理江「Schoolgirl」のあらすじ感想や経歴と可愛い顔画像 石田夏穂「我が友、スミス」掲載のすばる11月号の表紙画像石田夏穂「我が友、スミス」のあらすじ感想とすばる文学賞佳作が芥川賞ノミネートの理由

芥川賞第1662021年下半期の受賞候補者予想

166回芥川賞(2021年下半期)で、受賞候補者はどうなるのでしょう。

まだ決まっていませんが、傾向的には、過去に候補歴がある人が有利になるといえます。

また、前回165回が2作同時受賞でしたから、同様になる可能性が無きにしもあらず。

ここでは、乗代雄介さんの『皆のあらばしり』を推したいと思います。

同時受賞の場合は、永井みみさんの『ミシンと金魚』でしょうか。

*「ミシンと金魚」はノミネートされませんでした

芥川賞第1662021年下半期のノミネート作品予想

ノミネート作品の予想を事前におこなっていました。

  • 乗代雄介『皆のあらばしり』
  • 永井みみ『ミシンと金魚』
  • 砂川文次『ブラックボックス』
  • 鴻池留衣『フェミニストのままじゃいられない』
  • 久栖博季『彫刻の感想』

的中したのは上でも書きましたが、

  • 乗代雄介「皆のあらばしり」
  • 砂川文次「ブラックボックス」
  • 島口大樹「オン・ザ・プラネット」

でした。

予想した記事は以下です。

芥川賞2021年下半期(第166回)ノミネート候補の画像芥川賞2021下半期(第166回)の候補作一覧や考察と受賞作予想

これまでにさまざまな話題を提供してきた、芥川賞。

166回芥川賞(2021年下半期)も、どういう結果になるのか待ち遠しいところです。

2021年1月19日(水)の発表を楽しみにしていましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)