芥川賞の歴代受賞作品と作家一覧で年代別時系列順に売上発行部数を確認

芥川賞歴代受賞作品と受賞者の画像

これまでに数えきれないほどの傑作を生みだしてきた文学賞といえば、やはり芥川賞なのではないでしょうか。

そこで、ここでは、過去に発表された芥川賞の歴代受賞作品について振り返っていきたいと思います。

知っているようでいて、案外知らないといえる、芥川賞。

はたして、芥川賞の歴代受賞作品には、どのようなものがあったのでしょうか。

また、ここでは、芥川賞の受賞作品だけではなく、受賞作家についても、その一覧を、年代別、時系列順に見ていきたいと思います。

さらに、芥川賞の歴代受賞作品の売上発行部数についても確認してまいりますので、こちらもあわせてご覧ください。

1.昭和前半の芥川賞受賞作品と作家一覧や売上発行部数

昭和前半の芥川賞受賞作品、受賞作家は、以下のとおりです。

1930年代が、石川達三さんの「蒼氓」、小田嶽夫さんの「城外」、鶴田知也さんの「コシャマイン記」、石川淳さんの「普賢」、冨澤有爲男さんの「地中海」、尾崎一雄さんの「暢気眼鏡」、火野葦平さんの「糞尿譚」、中山義秀さんの「厚物咲」、中里恒子さんの「乗合馬車」、半田義之さんの「鶏騒動」、長谷健さんの「あさくさの子供」、寒川光太郎さんの「密獵者」。

1940年代が、高木卓さんの「歌と門の盾」、櫻田常久さんの「平賀源内」、多田裕計さんの「長江デルタ」、芝木好子さんの「青果の市」、倉光俊夫さんの「連絡員」、石塚喜久三さんの「纏足の頃」、東野邊薫さんの「和紙」、八木義徳さんの「劉廣福」、小尾十三さんの「登攀」、清水基吉さんの「雁立」、由起しげ子さんの「本の話」、小谷剛さんの「確証」、井上靖さんの「闘牛」。

1950年代が、辻亮一さんの「異邦人」、安部公房さんの「壁 S・カルマ氏の犯罪」、石川利光さんの「春の草」、堀田善衛さんの「広場の孤独」、「漢奸」、五味康祐さんの「喪神」、松本清張さんの「或る『小倉日記』伝」、安岡章太郎さんの「悪い仲間・陰気な愉しみ」、吉行淳之介さんの「驟雨」、小島信夫さんの「アメリカン・スクール」、庄野潤三さんの「プールサイド小景」、遠藤周作さんの「白い人」、石原慎太郎さんの「太陽の季節」、近藤啓太郎さんの「海人舟」、菊村到さんの「硫黄島」、開高健さんの「裸の王様」、大江健三郎さんの「飼育」、斯波四郎さんの「山塔」。

これらのうち、ベストセラーになった作品としては、安部公房さんの『壁』が130万部、石原慎太郎さんの『太陽の季節』が102万部、大江健三郎さんの『飼育』が109万部となっていました。

2.昭和後半の芥川賞受賞作品と作家一覧や売上発行部数

昭和後半の芥川賞受賞作品、受賞作家は、以下のとおりです。

1960年代が、北杜夫さんの「夜と霧の隅で」、三浦哲郎さんの「忍ぶ川」、宇能鴻一郎さんの「鯨神」、川村晃さんの「美談の出発」、後藤紀一さんの「少年の橋」、河野多惠子さんの「蟹」、田辺聖子さんの「感傷旅行 センチメンタル・ジャーニィ」、柴田翔さんの「されどわれらが日々──」、津村節子さんの「玩具」、高井有一さんの「北の河」、丸山健二さんの「夏の流れ」、大城立裕さんの「カクテル・パーティー」、柏原兵三さんの「徳山道助の帰郷」、丸谷才一さんの「年の残り」、大庭みな子さんの「三匹の蟹」、庄司薫さんの「赤頭巾ちゃん気をつけて」、田久保英夫さんの「深い河」、清岡卓行さんの「アカシヤの大連」。

1970年代が、吉田知子さんの「無明長夜」、古山高麗雄さんの「プレオー8の夜明け」、古井由吉さんの「杳子」、李恢成さんの「砧をうつ女」、東峰夫さんの「オキナワの少年」、畑山博さんの「いつか汽笛を鳴らして」、宮原昭夫さんの「誰かが触った」、山本道子さんの 「ベティさんの庭」、郷静子さんの「れくいえむ」、三木卓さんの「鶸」、野呂邦暢さんの「草のつるぎ」、森敦さんの「月山」、日野啓三さんの「あの夕陽」、阪田寛夫さんの「土の器」、林京子さんの「祭りの場」、中上健次さんの「岬」、岡松和夫さんの「志賀島」、村上龍さんの「限りなく透明に近いブルー」、三田誠広さんの「僕って何」、池田満寿夫さんの「エーゲ海に捧ぐ」、宮本輝さんの「螢川」、高城修三さんの「榧の木祭り」、高橋揆一郎さんの「伸予」、高橋三千綱さんの「九月の空」、重兼芳子さんの「やまあいの煙」、青野聰さんの「愚者の夜」、森禮子さんの「モッキングバードのいる町」。

1980年代が、尾辻克彦さんの「父が消えた」、吉行理恵さんの「小さな貴婦人」、加藤幸子さんの「夢の壁」、唐十郎さんの「佐川君からの手紙」、笠原淳さんの「杢二の世界」、高樹のぶ子「光抱く友よ」、木崎さと子さんの「青桐」、米谷ふみ子さんの「過越しの祭」、村田喜代子さんの「鍋の中」、池澤夏樹さんの「スティル・ライフ」、三浦清宏さんの「長男の出家」、新井満さんの「尋ね人の時間」。

これらのうち、ベストセラーになった作品としては、柴田翔さんの『されどわれらが日々──』が186万部、庄司薫さんの『赤頭巾ちゃん気をつけて』が160万部、村上龍さんの『限りなく透明に近いブルー』が354万部、池田満寿夫さんの『エーゲ海に捧ぐ』が126万部、となっていました。

3.平成の芥川賞受賞作品と作家一覧や売上発行部数

平成の芥川賞受賞作品、受賞作家は、以下のとおりです。

1980年代が、南木佳士さんの「ダイヤモンドダスト」、李良枝さんの「由煕」。

1990年代が、大岡玲さんの「表層生活」、瀧澤美恵子さんの「ネコババのいる町で」、辻原登さんの「村の名前」、小川洋子さんの「妊娠カレンダー」、辺見庸さんの「自動起床装置」、荻野アンナさんの「背負い水」、松村栄子さんの「至高聖所アバトーン」、藤原智美さんの「運転士」、多和田葉子さんの「犬婿入り」、吉目木晴彦さんの「寂寥郊野」、奥泉光さんの「石の来歴」、室井光広さんの「おどるでく」、笙野頼子さんの「タイムスリップ・コンビナート」、保坂和志さんの「この人の閾」、又吉栄喜さんの「豚の報い」、川上弘美さんの「蛇を踏む」、辻仁成さんの「海峡の光」、柳美里さんの「家族シネマ」、目取真俊さんの「水滴」、花村萬月さんの「ゲルマニウムの夜」、藤沢周さんの「ブエノスアイレス午前零時」、平野啓一郎さんの「日蝕」、玄月さんの「蔭の棲みか」、藤野千夜さんの「夏の約束」。

2000年代が、町田康さんの「きれぎれ」、松浦寿輝さんの「花腐し」、青来有一さんの「聖水」、堀江敏幸さんの「熊の敷石」、玄侑宗久さんの「中陰の花」、長嶋有さんの「猛スピードで母は」、吉田修一「パーク・ライフ」さんの、大道珠貴さんの「しょっぱいドライブ」、吉村萬壱さんの「ハリガネムシ」、金原ひとみさんの「蛇にピアス」、綿矢りささんの「蹴りたい背中」、モブ・ノリオさんの「介護入門」、阿部和重さんの「グランド・フィナーレ」、中村文則さんの「土の中の子供」、絲山秋子さんの「沖で待つ」、伊藤たかみさんの「八月の路上に捨てる」、青山七恵さんの「ひとり日和」、諏訪哲史さんの「アサッテの人」、川上未映子さんの「乳と卵」、楊逸さんの「時が滲む朝」、津村記久子さんの「ポトスライムの舟」、磯崎憲一郎さんの「終の住処」。

2010年代が、赤染晶子さんの「乙女の密告」、朝吹真理子さんの「きことわ」、西村賢太さんの「苦役列車」、円城塔さんの「道化師の蝶」、田中慎弥さんの「共喰い」、鹿島田真希さbんの「冥土めぐり」、黒田夏子さんの「abさんご」、藤野可織さんの「爪と目」、小山田浩子さんの「穴」、柴崎友香さんの「春の庭」、小野正嗣さんの「九年前の祈り」、羽田圭介さんの「スクラップ・アンド・ビルド」、又吉直樹さんの「火花」、滝口悠生さんの「死んでいない者」、本谷有希子さんの「異類婚姻譚」、村田沙耶香さんの「コンビニ人間」、山下澄人さんの「しんせかい」、沼田真佑さんの「影裏」、石井遊佳さんの「百年泥」、若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」、高橋弘希さんの「送り火」、上田岳弘さんの「ニムロッド」、町屋良平「1R134秒」。

これらのうち、ベストセラーになった作品としては、綿矢りささんの『蹴りたい背中』が127万部、又吉直樹さんの『火花』が229万部、村田沙耶香さんの『コンビニ人間』が102万部となっていました。

4.令和の芥川賞受賞作品と作家一覧や売上発行部数

令和の芥川賞受賞作品、受賞作家は、以下のとおりです。

2010年代が、今村夏子さんの「むらさきのスカートの女」、古川真人さんの「背高泡立草」。

2020年代が、高山羽根子さんの「首里の馬」、遠野遥さんの「破局」。

令和では、ベストセラーになった作品は、まだありませんでした。

芥川賞の歴史は本当に重いものだったのですね。

純文学だけに、ベストセラーがこれだけあったこともおどろきでした。

2021年のあらたな作品、作家も楽しみにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です