青山美智子「お探し物は図書室まで」のネタバレあらすじと感想|全5章の人気順を調査

青山美智子「お探し物は図書室まで」の画像

芥川賞、直木賞に匹敵する有名な文学賞である、本屋大賞。

毎年、受賞作のみならず、候補作も絶大な注目を集めて、メディアミックスも活発に行われてきました。

それだけに今回の候補作家、候補作も話題ですが、ここでは、青山美智子さんについて、特集していきたいと思います。

青山美智子さんとは、どのような経歴の作家だったのでしょうか。

このたび本屋大賞にノミネートされた青山美智子さんの『お探し物は図書室まで』のネタバレあらすじや感想も確認していきたいと思います。

お探し物は図書室まで
created by Rinker

青山美智子さんの『お探し物は図書室まで』は全5章となっていますので、その人気順も見ていきましょう。

青山美智子のプロフィール

青山美智子さんは、197069日、愛知県の出身で、20211月現在の年齢は、50歳となっています。

大学を卒業した後、青山美智子さんはオーストラリアの新聞社に勤務し、それから帰国しました。

それから作家をめざして、2003年に、『ママにハンド・クラップ!』によって、パレットノベル大賞佳作を受賞したことによって、作家活動をスタートさせていくことになります。

2007年には、『街灯りの向こうに』によって、ショートストーリーなごやに佳作入選。

2015年からは、作家だけではなく、アートセラピーの講師としても活躍していった、青山美智子さん。

そんな青山美智子さんは、2017年に、『木曜日にはココアを』を刊行したことによって、作家として本格的にデビューしたのでした。

『木曜日にはココアを』は、同年、未来屋小説大賞に入賞して、話題になっています。

また、同作は、2020年には、宮崎本大賞を受賞したほか、うさぎや大賞で3位になるなど、各方面で注目されました。

そして2021年、青山美智子さんは、『お探し物は図書室まで』によって、本屋大賞にノミネートされたのです。

なお、本屋大賞には、青山美智子さんの『お探し物は図書室まで』以外にも、深緑野分さんの『この本を盗む者は』。

伊坂幸太郎さんの『逆ソクラテス』。

伊吹有喜さんの『犬がいた季節』。

宇佐見りんさんの『推し、燃ゆ』。

加藤シゲアキさんの『オルタネート』。

町田そのこさんの『52ヘルツのクジラたち』。

山本文緒さんの『自転しながら公転する』。

伊与原新さんの『八月の銀の雪』。

そして凪良ゆうさんの『滅びの前のシャングリラ』がノミネートされていました。

ほか、青山美智子さんが発表した作品は、オリジナルでは、2018年には、『猫のお告げは樹の下で』。

2019年には、『鎌倉うずまき案内所』。

2020年には、『ただいま神様当番』となっています。

また、オリジナルだけではなく、ドラマのノベライズにおいても、2011年には、『私が恋愛できない理由』。

2012年には、『ビューティフルレイン』。

2016年には、『マザーズ』、『カインとアベル』。

2017年には、『あなたのことはそれほど』といったものを手掛けてきました。

青山美智子『お探し物は図書室まで』のネタバレあらすじ

いつものように毎日を過ごしていくことにすっかり疲れていた、5人の人々がいました。

そんな5人は、とある町の小さい図書室にやって来ます。

やがて5人は、図書室の司書にレファレンスを頼みました。

この司書はあまり愛想がよくなかったものの、人の話を聞くことはうまかったので、みんなはすっかり、司書にみずからの問題を話していくことに。

すると司書は、その相手にもっとも合った本を選んで、渡してくれたのです。

さらに司書は、本だけではなく、付録と称して、羊毛フェルトもいっしょに渡してきたのでした。

続きは本か電子書籍で今すぐ確認!

お探し物は図書室まで
created by Rinker

青山美智子『お探し物は図書室まで』の感想

青山美智子さんの『お探し物は図書室まで』は、あくまで現実世界を舞台にしたストーリーでした。

しかしながら、どこかファンタジーっぽいところもあって、なんともいえないような余韻を残すのが特徴的なストーリーですね。

作中では、司書と交流していく5人が、5章に分けて描かれていきますが、これがそれぞれ傑作でした。

きっと、どういう読者の方であっても、11人の登場人物になりきって、その世界観に溺れることができるのではないでしょうか。

青山美智子『お探し物は図書室まで』の全5章の人気順

このように、青山美智子さんの『お探し物は図書室まで』は、5人の人々を全5章で描く形でしたが、それぞれの章の人気順はどうなっていたのでしょうか。

作中に登場するのは、婦人服の販売員、家具メーカーの経理部員、元人気雑誌の編集者、ニート、定年退職者です。

あくまで個人的ですが、インパクトがあった順は、

  1. ニート
  2. 定年退職者
  3. 婦人服の販売員
  4. 家具メーカーの経理部員
  5. 元人気雑誌の編集者

でしょうか。

しかし、いずれも見事ですので、一度、ご覧になることをおすすめしたいと思います。

青山美智子さんの『お探し物は図書室まで』は、既視感を覚えさせない作風ですね。

どのような結末になるのか、なかなか想像しづらいのではないでしょうか。

5人がどんな本を贈られるのか、楽しみにしながら、お読みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)