荒木飛呂彦と嫁荒木麻美の馴れ初めや老けない理由と夫婦の画像

荒木飛呂彦の妻麻美の画像

今回は、『ジョジョの奇妙な冒険』の作者として活躍している荒木飛呂彦さんについて、ピックアップしていきたいと思います。

漫画家として知らない人はいないくらい有名な、荒木飛呂彦さん。

しかし、この記事では、漫画家としての荒木飛呂彦さんだけではなく、その嫁についても見ていきたいと思います。

荒木飛呂彦さんの嫁とは、荒木麻美さんという女性。

はたして、荒木飛呂彦さんと荒木麻美さんの馴れ初めはどうなっていたのでしょうね。

荒木飛呂彦さんと荒木麻美さんの夫婦の画像も調べてみました。

また、荒木飛呂彦さんといえば、老けないということでも有名な存在。

そこで、荒木飛呂彦さんの老けない理由についても確認していきましょう。

荒木飛呂彦のプロフィール

荒木飛呂彦さんは、196067日、宮城県出身の61歳。

1980年、『武装ポーカー』で手塚賞準入選をはたして、1981年には、『週刊少年ジャンプ』において、『武装ポーカー』でデビューしました。

そして1987年から、代表作となった『ジョジョの奇妙な冒険』を『週刊少年ジャンプ』において連載することに。

『ジョジョの奇妙な冒険』は、1987年に、『ファントムブラッド』。

1987年から1989年まで『戦闘潮流』。

1989年から1992年まで『スターダストクルセイダース』。

1992年から1995年まで『ダイヤモンドは砕けない』。

1995年から1999年まで『黄金の風』。

2000年から2003年まで『ストーンオーシャン』。

2004年から2011年まで『スティール・ボール・ラン』。

2011年から2021年まで『ジョジョリオン』が連載されています。

そんな荒木飛呂彦さんは、2020年には、2020年東京パラリンピックの公式アートポスターを担当。

さらに、2025年日本国際博覧会のロゴマーク選考委員も務めるなど、活躍していました。

荒木飛呂彦の嫁の荒木麻美のプロフィール

以上、荒木飛呂彦さんのプロフィールを見てきました。

そんな荒木飛呂彦さんには、荒木麻美さんという嫁がいます。

この荒木麻美さんのプロフィールはどうなっているのかも知りたいところですよね。

そこで、荒木麻美さんとはどういう人だったのか、調べてみましたが、くわしいことは分かりませんでした。

どうやら、荒木麻美さんは一般人だったようで、情報がないのも無理からぬことのようです。

しかし、そんな荒木麻美さんは、荒木飛呂彦さんとの馴れ初めについては、けっこう情報があったのですね。

というのも、荒木麻美さんは一般人でありながら、メディアに「ジョジョ立ち」を披露したり、各所で荒木飛呂彦さん関連の講演を行うなど広報活動をされています。

そこで、荒木飛呂彦さんと荒木麻美さんの馴れ初めについて、次でご紹介していきたいと思います。

荒木飛呂彦と嫁の荒木麻美の馴れ初めと夫婦の画像

さて、荒木飛呂彦さんと荒木麻美さんの馴れ初めは、どういうものだったのでしょうか。

それは、荒木麻美さんの友人のお見合いなのでした。

荒木麻美さんが友人のお見合いに付き添ったとき、その友人のお見合い相手に付き添っていたのが、荒木飛呂彦さんだったとのこと。

その結果、荒木麻美さんは荒木飛呂彦さんにひとめぼれしてしまい、交際に発展して、ゴールインしたというのです。

このような馴れ初めはめずらしいため、おどろいたのですが、実は、荒木飛呂彦さんと荒木麻美さんは、出会ってから3ヶ月で結婚するという、スピード婚なのでした。

 こちらのエピソードも意外すぎて仰天ですよね。

なお、そんな荒木飛呂彦さんと荒木麻美さんのあいだには、娘が2人生まれていました。

一方、荒木飛呂彦さんといえば、嫁の荒木麻美さんとの画像も話題になっています。

漫画家としてのスキルはもちろん、俳優としても通りそうなイケメンでもある、荒木飛呂彦さん。

しかし、荒木麻美さんもかなりの美女なのでした。

どこかのレストランで行われた結婚式の二次会と見られるシーンで撮影された画像があり、拝見してみたものの、予備知識がなければ、とても漫画家夫妻には見えませんね。

こんな両親から生まれてきた以上、2人の娘もそうとう美女なのではないでしょうか。

機会があれば、いっぺん、こちらも拝見してみたいものですね。

荒木飛呂彦が老けない理由

荒木飛呂彦さんといえば、漫画家としての業績のみならず、そのルックスにも注目が集まっていました。

それはずばり、漫画家にしてはイケメンすぎるということ。

と、これは先述しましたが、実は、さらにすごいことに、荒木飛呂彦さんには、老けないという評判もあったのですね。

不老不死じゃあるまいし、いったい、どういうことかと思いきや、荒木飛呂彦さんは、生物学的に老けてはいるのでしょうが、本当に不老不死と言ってもいいような若さをほこっていたのでした。

昔からほぼ顔が変っておらず、それでも年齢は還暦すぎと来たものですから、信じられません。

今後も老けないというのか、見ものですね。

ここまで、荒木飛呂彦さんについて見てまいりました。

『ジョジョの奇妙な冒険』の作者としての成功はみんながよく知っているところですが、正直、荒木麻美さんにまつわるエピソードは興味深いものでしたね。

老けないというネタなど、漫画家としては前代未聞でしょうし、非常に個性的な人だといえるでしょう。

これからも、荒木飛呂彦さんのあらたな漫画が読めるのが楽しみでなりません。

一方で、あらたなエピソードにも期待しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)