ちばてつやの経歴|あしたのジョー以外の漫画や現在連載中の作品

ちばてつやの「あしたのジョー」の表紙画像

ちばてつやさんといえば、『あしたのジョー』など、数々の名作によって、よく知られている日本を代表する漫画家ですよね。

そんなちばてつやさんが、体調を崩してしまい入院したということが、本人によって公表され、心配されています。

1日も早く元気になっていただきたいものですね。

さて、ということで、ここでは、ちばてつやさんについて、見ていきたいと思います。

ちばてつやさんとは、どのようなプロフィールの持ち主だったのでしょうか。

『あしたのジョー』や、それ以外の漫画、そして2021年現在連載中だった作品についても、調べてみましたので、ご覧ください。

1.ちばてつやのプロフィール

ちばてつやさんは、1939年1月11日、東京都出身の82歳。

1958年、『舞踏会の少女』によって漫画家としてデビュー。

1965年には『ハリスの旋風』、1968年には『あしたのジョー』を発表し、話題になりました。

漫画家以外にも、文星芸術大学教授、日本漫画家協会理事長、日本漫画家協会会長、文星芸術大学学長などを務めています。

受賞歴は、講談社児童まんが賞、講談社出版文化賞児童まんが部門、小学館漫画賞青年一般部門、日本漫画家協会賞特別賞、文部科学大臣賞、紫綬褒章、講談社漫画賞講談社創業100周年記念特別賞、旭日小綬章、文化功労者、練馬区名誉区民、などとなっていました。

2.ちばてつやの学歴

このような経歴の持ち主だったちばてつやさんですが、その出身校とは、どこだったのでしょうか。

ちばてつやさんの出身校とは、日本大学第一高校だったのでした。

日本大学第一高校からは、プロ野球選手では、大羽進さん、小林正之さん、桜井憲さん、保谷俊夫さん、宇野輝幸さん、保坂英二さん、竹田光訓さん、高橋郁雄さん。

サッカー選手では、林龍郎さん、田端信成さん。

力士では、増位山太志郎さん。

プロゴルファーでは、渡辺司さん。

水泳選手では、三井梨紗子さん。

柔道家では、渋谷恒男さん。

タレントでは、大橋巨泉さん。

アナウンサーでは、福島幸雄さん。

俳優では、海野かつをさん、内田流果さん。

女優では、本仮屋ユイカさん。

歌手では、松崎しげるさん。

ミュージシャンでは、日高富明さん。

落語家では、昔昔亭桃之助さん、会一太郎さん。

ジャーナリストでは、牧太郎さん。

作曲家では、湯浅篤さん。

作家では、畑山博さん、斎藤高順さん。

詩人では、鈴木志郎康さんなどといった人々が輩出されています。

3.ちばてつやの『あしたのジョー』以外の漫画

続いては、ちばてつやさんの作品のうち、『あしたのジョー』以外の漫画は、どのようなものがあったのか、確認していきたいと思います。

やはり『あしたのジョー』が突出して有名なちばてつやさんではあるものの、もちろん、たくさんありました。

連載が完了した作品だけで、以下のとおりとなっていたのです。

1950年代

  • 『オデット城のにじ』
  • 『ママのバイオリン』
  • 『ユカをよぶ海』。

1960年代

  • 『リナ』
  • 『ちかいの魔球』
  • 『1・2・3と4・5・ロク』
  • 『ハチのす大将』
  • 『紫電改のタカ』
  • 『パパのお嫁さん』
  • 『島っ子』
  • 『少年ジャイアンツ』
  • 『ハリスの旋風』
  • 『アリンコの歌』
  • 『みそっかす』
  • 『ジャンボ・リコ』
  • 『テレビ天使』
  • 『若とのゴン』
  • 『モサ』

1970年代

  • 『餓鬼』
  • 『蛍三七子』
  • 『おれは鉄兵』
  • 『のたり松太郎』
  • 『おれイガオくん』

1980年代

  • 『練馬のイタチ』
  • 『あした天気になあれ』
  • 『男たち』

1990年代

  • 『少年よラケットを抱け』
  • 『ハネ太』

『あしたのジョー』のほかにも、これだけあったとは、さすがとしか言いようがありませんね。

ちなみに「あした天気になあれ」と「おれは鉄兵」は、コミックシーモアの「読み放題フル」7日間無料お試し登録で全巻無料で読めますので、お時間ある場合はどうぞ。

公式サイトトップページの「読み放題」から登録可能です。

ちばてつやのコミックシーモア販売ページの画像

無料期間の7日以内に解約すればお金はいっさいかかりませんので安心ですね。

4.ちばてつやの現在連載中の作品

おしまいに、ちばてつやさんの2021年現在、連載中の作品を見ておきましょう。

それは『ひねもすのたり日記』で、2016年から『ビッグコミック』に連載されていました。

『ひねもすのたり日記』の「ひねもすのたり」というのは、「一日中だらだら」という意味。

なんと、1998年に発表された『ハネ太』以降、実に17年ぶりという作品だったのですね。

気になる内容ですが、ちばてつやさんの過去を振り返っていくというもの。

満州で暮らしていたころ、千葉県で暮らしていたころといった、子供のころ。

さらに、漫画家としてのキャリアの初期のころなども描かれていました。

前作のブランクにくわえ、2021年現在、未完の作品であるだけに、早く続きが見たいものです。

今回は、ちばてつやさんについてまとめてみました。

『あしたのジョー』であまりにも有名なちばてつやさんではあるものの、やはりその実績はかなりのものだったのですね。

『あしたのジョー』もさることながら、それ以外の作品もかなり魅力あるものなのでした。

しかし、このたび、体調を崩してしまい入院したということは大変心配せざるを得ないでしょう。

2021年現在、82歳という年齢を考慮しても、健康問題は懸念されますので、回復、新作の執筆を待ちたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)