ふかわりょうのエッセイ「世の中と足並みがそろわない」は面白いのか感想を徹底調査

ふかわりょう「世の中と足並みがそろわない」の画像

お笑い芸人として、これまで広く知られてきた、ふかわりょうさん。

いままでにふかわりょうさんのパフォーマンスで元気になったという視聴者は、きっと、たくさん存在することでしょうね。

しかしながら、ふかわりょうさんは、エッセイストとしても活躍していたのでした。

この記事では、そんなふかわりょうさんのエッセイ『世の中と足並みがそろわない』について、ピックアップしていきたいと思います。

世の中と足並みがそろわない
created by Rinker

ふかわりょうさんのエッセイ『世の中と足並みがそろわない』とは、どういった内容だったのでしょうか。

ここでは、ふかわりょうさんのエッセイ『世の中と足並みがそろわない』は面白いのか否か、感想も見ていきたいと思います。

1.ふかわりょうのプロフィール

ふかわりょうさんは、1974819日、神奈川県の出身で、20211月現在の年齢は、46歳となっています。

まだ大学生だった1994年、芸能界入りとなった、ふかわりょうさん。

1998年には、小西康陽さんとともにロケットマンというユニットを結成し、音楽活動も展開していったのでした。

やがてふかわりょうさんは、2000年以降、『内村プロデュース』に出演したことによって、知名度がアップしていったのです。

以降、ふかわりょうさんは、「小心者克服講座」といった個性的なネタで知られていき、自虐的な芸風によって、人気者になっていきました。

さらに、それからも、あるあるネタなどによって、ファン層を拡大していくことに。

やがてふかわりょうさんは、司会などでも活躍していき、2006年からはラジオ番組『ROCKETMAN SHOW』のナビゲーター、2012年からは『5時に夢中!』のMCとして、その存在感を発揮していきます。

そして2020年には、後でくわしく見ていくエッセイ『世の中と足並みがそろわない』を刊行したことによって、エッセイストとしても注目されるようになったのでした。

あまりにもマルチな才能に、思わず驚嘆させられますね。

そんなふかわりょうさんが出演してきたテレビ番組は、『5時に夢中!』、『ひるおび!』、『笑っていいとも!』、『オールスター感謝祭』、『進め!電波少年、進ぬ!電波少年』、『いきなり!黄金伝説。』、『世界の果てまでイッテQ!』、『王様のブランチ』など。

ラジオ番組は、『きらクラ!』、『Seasoning -season your life with music-』など。

ネット番組は、『AbemaPrime』。

映画は、『蟬しぐれ』、『ピーナッツ』、『渋谷区円山町』、『パンドラの匣』など。

ドラマは、『金田一少年の事件簿』、『特命係長 只野仁スペシャル』、『名探偵コナン 工藤新一への挑戦~さよならまでのプロローグ~』などとなっていました。

これからも、このようなふかわりょうさんを見守っていきたいですね。

2.ふかわりょうの学歴

続いては、ふかわりょうさんの学歴についても、チェックしていきたいと思います。

とても多才なふかわりょうさんは、どのような学校を出ていたのでしょうか。

ふかわりょうさんの出身校は、高校は國學院高校、大学は慶應義塾大学経済学部なのでした。

かなりの高学歴ですので、おどかざるを得ませんね。

國學院高校の出身者には、塚原光男さん、岡崎聡子さん、武井修志さん、加納弥生さん、穴見利香さん、さだまさしさん、Nakajinさん、新井恵理那さん、小林麻耶さん、小林麻央さん、など。

慶應義塾大学の出身者には、芥川比呂志さん、石坂浩二さん、石原裕次郎さん、石原良純さん、加山雄三さん、窪塚俊介さん、小出恵介さん、紺野美沙子さん、檀ふみさん、中村雅俊さん、夏八木勲さん、フランキー堺さん、水嶋ヒロさん、などがいました。

3.ふかわりょうのエッセイ『世の中と足並みがそろわない』

それでは、ふかわりょうさんのエッセイ『世の中と足並みがそろわない』も見ていきましょう。

こちらは、ふかわりょうさんの不器用すぎる歪な日常を描くというものでした。

自身の芸人生活、結婚といった、世間的に関心が高いようなことから、アイスランドで感じた死生観など、その内容はそうとう目を惹くようなものだったのですね。

今まであまりふかわりょうさんに関心がなかった方でも、これを読めば、彼に対する意識がおおきく変わってくることは間違いないかと思われます。

詳細は単行本か電子書籍を確認してみましょう。

世の中と足並みがそろわない
created by Rinker

 

 

4.ふかわりょうのエッセイ『世の中と足並みがそろわない』は面白いのか感想を調査

このようなふかわりょうさんのエッセイ『世の中と足並みがそろわない』は面白いのでしょうか?

感想を見ていきますと、ふかわりょうさんが敬愛しているという東野幸治さんが、絶賛していました。

東野幸治さんが惹かれたのは、とくに、ロックミュージシャンが男性限定のイベントを開催するのが虫唾が走る、というエピソードとのこと。

たしかに、東野幸治さんが認めただけあって、かなり強烈ですね。

一度、目を通してみたいものです。

ふかわりょうさんは、お笑い、映画出演、さらにはエッセイと、何をやってもそつなくこなす才能の持ち主でした。

それにしても、『世の中と足並みがそろわない』は必見です。

ふかわりょうさんのファンも、そうではない方も、ぜひ、ご覧いただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です