伴名練(はんなれん)の経歴|日本SFの臨界点恋愛篇と怪奇篇の収録作品と作家一覧と感想を調査

伴名練(はんなれん)の画像

2021年の第41回日本SF大賞の最終候補作が決まって、SFファンや文学ファンを中心に、熱い視線を集めています。

このたび、第41回日本SF大賞の最終候補作に選ばれた作品等は、全部で7つ。

ここでは、そのなかから、伴名練さん編の『日本SFの臨界点』に着目していきたいと思います。

伴名練さんとは、どういった経歴を持った作家だったのでしょうか。

また、編纂ですから、オリジナルではないものの、伴名練さん編の『日本SFの臨界点』が気になりますよね。

そこで、伴名練さん編の『日本SFの臨界点』についても、見ていきましょう。

伴名練さん編の『日本SFの臨界点』は、『日本SFの臨界点恋愛篇』と『日本SFの臨界点怪奇篇』で構成されていますので、それぞれの収録作品、作家一覧、感想も見ていきたいと思います。

1.伴名練の経歴

伴名練さんは、1988年、高知県の出身で、2021年現在の年齢は33歳となっています。

最終学歴は、京都大学文学部卒業という、高学歴だった伴名練さん。

まだ京都大学に在学していたころから、京都大学SF研究会のメンバーとして活躍していました。

そんな伴名練さんは、2010年、京都大学在学中に、『遠呪』によって、日本ホラー小説大賞短編賞を受賞して、作家としてデビューをはたしたのです。

ちなみに、この『遠呪』は、『少女禁区』と改題され、『Chocolate blood, biscuit hearts.』を併録して、書籍『少女禁区』として刊行され、本格的に作家活動をスタートさせたのでした。

以後、伴名練さんは、SFやホラーにおいて活躍していくことになります。

そして2021年、『日本SFの臨界点恋愛篇』と『日本SFの臨界点怪奇篇』からなる、『日本SFの臨界点』を編纂したことによって、同作が第41回日本SF大賞の最終候補作となったのでした。

ちなみに、第41回日本SF大賞にノミネートされた作品としては、伴名練さん編の『日本SFの臨界点』以外にも、菅浩江さんの『歓喜の歌 博物館惑星』。

林譲治さんの『星系出雲の兵站』。

野﨑まどさんの『タイタン』。

立原透耶さんの『時のきざはし』、「中華圏SF作品の翻訳・紹介の業績に対して」。

そして北野勇作さんの『100文字SF』があります。

これまでに、伴名練さんが発表してきた作品には、ほかに、オリジナルには、「なめらかな世界と、その敵」、「ゼロ年代の臨界点」、「美亜羽へ贈る拳銃」、「ホーリーアイアンメイデン」、「シンギュラリティ・ソヴィエト」、「ひかりより速く、ゆるやかに」からなる、『なめらかな世界と、その敵』。

編纂には、大森望さんとの共著の『2010年代SF傑作選』などといった作品がありました。

2.伴名練の『日本SFの臨界点恋愛篇と怪奇篇』とは

2021年の第41回日本SF大賞の最終候補作となった、伴名練さんの『日本SFの臨界点』。

はたして、どのような作品だったというのでしょうか。

『日本SFの臨界点』は、『日本SFの臨界点恋愛篇』と『日本SFの臨界点怪奇篇』からなります。

『日本SFの臨界点恋愛篇』は、宇宙を舞台にしたもの、セカイ系、異世界を舞台にしたものなど。

一方、『日本SFの臨界点怪奇篇』は、社会問題ネタ、寓話、侵略ネタなど、これまた多彩。

どちらも、ファンならずとも、思わず手に取ってみたい感じの内容になっていたのでした。

3.伴名練の『日本SFの臨界点恋愛篇と怪奇篇』の収録作品と作家一覧

『日本SFの臨界点』の『日本SFの臨界点恋愛篇』と『日本SFの臨界点怪奇篇』の収録作品と作家を、それぞれ見ていきましょう。

『日本SFの臨界点恋愛篇』は、中井紀夫さんの『死んだ恋人からの手紙』。

大樹連司さんの『劇画・セカイ系』。

小田雅久仁さんの『人生、信号待ち』。

扇智史さんの『アトラクタの奏でる音楽』。

高野史緒さんの『G線上のアリア』。

新城カズマさんの『月を買った御婦人』。

石黒達昌さんの『雪女』など。

『日本SFの臨界点怪奇篇』は、中島らもさんの『DECO-CHIN』。

田中哲弥さんの『大阪ヌル計画』。

岡崎弘明さんの『ぎゅうぎゅう』。

中田永一さんの『地球に磔られた男』。

森岡浩之さんの『A Boy Meets A Girl』。

光波曜子さんの『黄金珊瑚』などとなっています。

4.伴名練の『日本SFの臨界点恋愛篇と怪奇篇』の感想

『日本SFの臨界点』は、『日本SFの臨界点恋愛篇』といい、『日本SFの臨界点怪奇篇』といい、タイトルだけでも粒ぞろいといった印象を受けました。

収録作のジャンルも多様で、読みごたえは抜群でしょう。

2021年の第41回日本SF大賞の最終候補作になったのも自然ではないでしょうか。

ほかの候補作も興味深いだけに、伴名練さんの『日本SFの臨界点』が日本SF大賞に輝くのか、注視していきたいですね。

ということで、伴名練さんの『日本SFの臨界点』について、まとめてみました。

オリジナルではなく、編纂ですが、下手なオリジナルよりも魅力的で新鮮ですね。

それでは、他の作品ともども、2021年の第41回日本SF大賞の最終候補作たちを、見守っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)