マンガ電子書籍のジャンル一覧はこちら

誉田哲也「フェイクフィクション」のあらすじや感想とネットの評価

誉田哲也「フェイクフィクション」の表紙画像

これまでに、多数の名作を世に送り出してきたことで知られている、作家の誉田哲也さん。

ミステリーから青春ものに至るまで、そのジャンルの幅広さにも定評がある作家ですよね。

さて、20221月の直木賞の発表が近づいて来たなか、202112月に決められる直木賞候補作がどの作家のどの作品になるのか、とても興味深いところでしょう。

そこで、今回は、誉田哲也さんの『フェイクフィクション』について、取り上げていきたいと思います。

『フェイクフィクション』は今ならコミックシーモアで半額で読めますので、無料登録してみましょう。

誉田哲也「フェイクフィクション」購入画像

>誉田哲也「フェイクフィクション」を半額で読む|コミックシーモア公式サイト

いったい、誉田哲也さんの『フェイクフィクション』のあらすじ、感想、ネットの評価とは?

それではさっそく、ご覧ください。

誉田哲也のプロフィール

誉田哲也さんは、1969818日、東京都出身の53歳。

 

学習院大学経済学部経営学科卒業です。

2002年に、『ダークサイド・エンジェル紅鈴 妖の華』によって、ムー伝奇ノベル大賞優秀賞を受賞して、作家デビューしました。

2003年には、『アクセス』によって、ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞。

2007年には、代表作となった『ストロベリーナイト』によって、大藪春彦賞にノミネート。

2009年には、やはり代表作となった『武士道セブンティーン』によって、坪田譲治文学賞にノミネート。

2009年には、『ハング』によって、大藪春彦賞にノミネート。

2012年には、『あなたが愛した記憶』によって、山田風太郎賞にノミネート。

そして2014年には、『ケモノの城』によって、山田風太郎賞にノミネートされています。

誉田哲也の『フェイクフィクション』のあらすじ

そんな誉田哲也さんの『フェイクフィクション』とは、どのようなあらすじだったのか、確認していきましょう。

物語の舞台となるのは東京都です。

五日市警察署の管内で事件が発生しました。

なんと、路上において、男性の首が切断された死体が見つかったのです。

これを受けて、さっそく、刑事である鵜飼は、男性の首が切断された死体が見つかった現場へと向かうことに。

こうして事件の捜査に乗り出すことになった、鵜飼。

さて、男性の首が切断された死体は、司法解剖された結果として、死因が頸椎断裂であり、殺害方法は斬首だったという、グロテスクな事実が明らかになってしまったのでした。

さて、そんななか、河野潤平は、かつてはプロのキックボクサーとして活躍していたものの、現在では引退して、東京都内において、製餡所に従業員として勤務していたのです。

ところが、河野潤平は、製餡所にあらたに従業員として入ってきた有川美祈にすっかり夢中になったものの、彼女には秘密がありました。

実は、有川美祈は、カルト教団であるサダイの家に関係していたのです。

このようにして、首が切断された死体として発見された男性、警察、元プロのキックボクサー、カルト教団らが絡み合っていって、愛する者が失われてしまった者たちによる壮大な復讐劇の幕が切って落とされることになるのでした。

誉田哲也さんの『フェイクフィクション』は、かなりそそられるあらすじだったようですね。

こうしたジャンルが好みの方であれば、夢中になってしまうこと間違いありません。

>誉田哲也「フェイクフィクション」を半額で読む|コミックシーモア公式サイト

誉田哲也の『フェイクフィクション』の感想

誉田哲也さんの『フェイクフィクション』は、読みごたえが抜群な破格のエンターテインメントであるといえるでしょう。

ミステリーにおいて、さまざまな要素を詰め込みながら、物語として大きくまとめていく手腕に関しては、すでに、『ストロベリーナイト』において、じゅうぶんに実証済みであった、誉田哲也さん。

それゆえに、今回も期待を裏切らない傑作となる予感がやむことはありません。

きっと、またしても、読者を熱狂の渦に巻き込んでくれることになるのでしょう。

誉田哲也さんの『フェイクフィクション』の直木賞レースへの参入の有無が、今からとても興味深いですね。

誉田哲也の『フェイクフィクション』のネットの評価

誉田哲也さんの『フェイクフィクション』へのネットの評価は、どうなっていたのでしょうか。

まず、「疑いなき信仰心に警鐘を鳴らす」という部分に惹かれる人がいたようです。

続いて、文章そのものが、読んでいて安心する、登場人物の心がうまく描けていると評されていました。

そして、骨太でハードな部分があるにもかかわらず、読む手が止まらなかったという感想もよせられています。

誉田哲也さんの『フェイクフィクション』が、高く評価されていることは疑いようがありませんね。

重ね重ね案内ですが、『フェイクフィクション』は今ならコミックシーモアで半額で読めるので、無料登録して早めに読んでみましょう。

誉田哲也「フェイクフィクション」購入画像

>誉田哲也「フェイクフィクション」を半額で読む|コミックシーモア公式サイト

ということで、この記事では、誉田哲也さんの『フェイクフィクション』について、取り上げてまいりました。

『ストロベリーナイト』、『』など、ジャンルが異なった代表作が多い誉田哲也さんの作品のなかでも、『フェイクフィクション』は、格別であるといえるのではないでしょうか。

誉田哲也さんの『フェイクフィクション』が直木賞候補になるのか、直木賞受賞となるのかはまだ分かりません。

しかし、結果がどうであれ、ぜひ、一度は目を通しておきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)