伊原六花の朝ドラ「なつぞら」でのダンスシーンと高校時代バブリーダンスを動画で比較

伊原六花の画像

みなさんは、大阪府立登美丘高校ダンス部のバブリーダンスを覚えていらっしゃるでしょうか?

あの大阪府立登美丘高校ダンス部のキャプテンだったのが、女優の伊原六花(いはらりっか)さん。

今回は、そんな伊原六花さんについて、取り上げていきたいと思います。

NHK連続テレビ小説『なつぞら』にも出演していた、伊原六花さん。

実は、伊原六花さんは、本作で見せたダンスシーンが話題になっていたのでした。

はたして、NHK連続テレビ小説『なつぞら』のダンスシーンと、大阪府立登美丘高校ダンス部のキャプテン時代に披露したバブリーダンスとは

それではさっそく、ご覧ください。

伊原六花のプロフィール

伊原六花(いはら りっか)さんは、199962日、大阪府出身の22歳。

本名は林沙耶(はやし さや)さんといいます。

後述するように、高校時代のダンスで有名になって、2018年、ドラマ『チア☆ダン』に出演して、女優デビューしました。

そして2019年、映画『明治東亰恋伽』に出演して、映画デビューしたのです。

また同年には、やはり後述するように、NHK連続テレビ小説『なつぞら』で注目されることに。

ほか、ドラマでは『エアガール』など。

映画では『地獄の花園』などに出演しました。

さらに現在NHK Eテレ「旅するためのスペイン語」にも出演中。

スペイン語とつながるイメージがありませんでしたが、新たな挑戦を始めたようです。

伊原六花の朝ドラ『なつぞら』とは

続いては、そんな伊原六花さんが出演したNHK連続テレビ小説『なつぞら』について、見てまいりましょう。

NHK連続テレビ小説『なつぞら』は、平成最後、令和初となる、第100作目のNHK連続テレビ小説。

北海道を舞台として、戦争孤児のヒロインがたくましく成長し、上京してアニメの世界に入っていくさまを描いていきます。

主人公の奥原なつ役は広瀬すずさんで、伊原六花さんは、森田桃代役。

ほか、おもなキャストは、奥原咲太郎役が岡田将生さん、奥原千遥役が清原果耶さん、柴田泰樹役が草刈正雄さん、柴田富士子役が松嶋菜々子さん、柴田剛男役が藤木直人さん、柴田照男役が清原翔さん、柴田夕見子役が福地桃子さん、柴田明美役が鳴海唯さんとなっていました。

戦災孤児の奥原なつは、父親の戦友の柴田剛男によって、北海道の牧場経営者の柴田家で育てられることになります。

その後、奥原なつは、国民学校に通うようになって、絵がうまい山田天陽と懇意になっていきました。

これがキッカケになって、漫画に傾倒していくようになる、奥原なつ。

そんななか、奥原なつは、兄である奥原咲太郎に会いたくて柴田家から家出してしまいます。

もっとも、その後、奥原なつは、柴田家のみんなによって探し出されたことによって、彼らの温かさに気づいて、義理の家族への親しみを深めていったのでした。

そしてストーリーは、奥原なつがアニメの世界に飛び込むために上京することによって、北海道から東京へと移っていくことになるのです。

伊原六花の朝ドラ『なつぞら』でのダンスシーンとは

伊原六花さんは、みずからが出演していたNHK連続テレビ小説『なつぞら』において、ダンスシーンを披露していました。

これは、いったい、どのようなものだったのでしょうか。

ダンスシーンは、染谷将太さん演じる神地航也が、伊原六花さん演じる森田桃代にプロポーズするというシーンで見られたのです。

森田桃代は、神地航也のプロポーズに応えて、職場で祝福され、2人して踊り始めたのでした。

伊原六花の朝ドラ『なつぞら』でのダンスシーンと高校時代バブリーダンスを動画で比較

伊原六花さんといえば、NHK連続テレビ小説『なつぞら』のダンスシーンもさることながら、高校時代のバブリーダンスでも有名。

伊原六花さんは、大阪府立登美丘高校ダンス部においてキャプテンとして活動。

そして2017年、日本高校ダンス部選手権でバブリーダンスを披露し、これがキッカケで有名になり、所属事務所にスカウトされることになったのですね。

そこで、NHK連続テレビ小説『なつぞら』のダンスシーンと日本高校ダンス部選手権のバブリーダンスを動画で観てみましたが、どちらも圧巻。

↓「なつぞら」でのダンスシーン

↓高校時代のバブリーダンス動画

NHK連続テレビ小説『なつぞら』のダンスシーンもすごいものでしたが、伊原六花さんは、大阪府立登美丘高校ダンス部とともに、日本高校ダンス部選手権で、荻野目洋子さんの「ダンシング・ヒーロー」に乗せてダンスを披露し、準優勝したのでした。

さらに、日本レコード大賞特別賞を受賞し、『輝く!日本レコード大賞』、『NHK紅白歌合戦』でパフォーマンスを見せたのです。

これだけの実績があったなら、伊原六花さんは、ドラマでも現実でもすぐれたダンス能力を発揮して当然ですね。

ということで、今回は、伊原六花さんについて、取り上げてきました。

大阪府立登美丘高校ダンス部のバブリーダンスによって、一世を風靡していた、伊原六花さん。

これだけでもすばらしいことなのに、女優として活躍し、NHK連続テレビ小説『なつぞら』でも存在感を放っていたとは、伊原六花さんのマルチさには舌を巻かざるを得ません。

伊原六花さんの演技、とくにダンスシーンを見ることができるのが、これからも楽しみでなりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)