今村翔吾のダンサー時代の画像や動画から実家ダンススクールの場所と行けば会えるかまで調査

今村翔吾の画像

今、もっとも注目されている作家の1人として、今村翔吾さんがいます。

今村翔吾さんは、時代小説が専門という作家でした。

20221月に発表される直木賞の受賞作として、最新作の『塞王の楯』が有力視されるなど、とても旬な人物であると言えるでしょう。

そこで、この記事では、今村翔吾さんの人物像について、見てまいりたいと思います。

実は、今村翔吾さんは、かなりバラエティー豊かな経歴の持ち主で、なんと、元ダンサー。

そこで今村翔吾さんのダンサー時代の画像、実家のダンススクールの場所、行けば会えるかについて、調べてみました。

今村翔吾のプロフィール

今村翔吾さんは、1984618日、京都府出身の37歳。

2021年現在、時代小説作家として、おおいに活躍していた今村翔吾さんですが、そのプロフィールはあまりにも多彩なものだったのです。

作家としてはあまり聞いたこともないようなものですが、今村翔吾さんは、なんと、元ダンサー。

ダンスインストラクターとして活躍したほか、作曲家、埋蔵文化財調査員といった、実にたくさんの職種を経験していたのでした。

そして、時代小説作家をめざした今村翔吾さんは、『蹴れ、彦五郎』によって、伊豆文学賞小説・随筆・紀行文部門最優秀賞を受賞。

さらに『狐の城』によって、九州さが大衆文学賞大賞・笹沢左保賞を受賞して、精力的に活動を展開させていったのです。

そして今村翔吾さんは、2017年に、ついに、『火喰鳥』によって、時代小説作家としてデビュー。

『火喰鳥』は、啓文堂書店時代小説文庫大賞を受賞して、時代小説作家として頭角を現していったのでした。

それ以降の今村翔吾さんのキャリアはすばらしいもので、2018年には、『童神』によって角川春樹小説賞を受賞。

2019年には、『童の神』によって、直木賞にノミネート。

さらに2020年には、『八本目の槍』によって、吉川英治文学新人賞、野村胡堂文学賞を受賞したほか、『じんかん』によって、山田風太郎賞を受賞したのです。

そんな今村翔吾さんは、新作の『塞王の楯』が注目を集めていました。

『塞王の楯』は、20211026日に、集英社から刊行されたばかりの時代小説です。

物語の舞台となるのは、戦国時代。

匡介の落城しない城、彦九郎の鉄砲の、どちらが本当に戦国時代を終わらせることができるというのかが描かれていくという、これまであまり見られないタイプの作品だったのでした。

このように、独特のストーリーになっていただけあって、『塞王の楯』が、20221月、見事、直木賞の栄誉に輝くことになるというのか否か、とても楽しみですね。

はたして、どのような結果になるというのか、これからじっくりと注目していきましょう。

今村翔吾のダンサー時代の画像と歌唱動画

元ダンサーという、レアすぎる経歴の持ち主だった、今村翔吾さん。

それでは、そのダンサー時代の画像は、あったのでしょうか?

探してみましたが、今村翔吾さんのダンサー時代の画像は見つかりませんでした。

しかし、今村翔吾さんが歌唱する姿であれば、動画で確認することができます。

やっぱり、一般的な作家というイメージではありませんから、新鮮でしたね。

今村翔吾さんからダンスの手ほどきを受けた生徒も、おなじような感想だったのではないでしょうか。

今村翔吾の実家ダンススクールの場所

今村翔吾さんの実家はダンススクールですが、その場所はどこだったのでしょうか?

今村翔吾さんの実家のダンススクールとは、関西京都今村組

こちらは、

  • 大阪府四条畷市
  • 奈良県奈良市

  • 京都府木津川市

  • 三重県伊賀市

  • 岐阜県岐阜市

  • 滋賀県草津市

  • 滋賀県近江八幡市

  • 新潟県五泉市

など、複数の地域に展開していました。

今村翔吾さんの出身地は京都府のため、おそらく実家は京都府木津川市ではないかとみられますね。

*実家や事務所の住所ではなく、あくまで練習場所です

今村翔吾の実家ダンススクールに行けば会えるか

時代小説ファンにとどまることなく、今村翔吾さんの読者だという方は少なくないものと思います。

そういった方であれば、今村翔吾さんに会ってみたいという方もいらっしゃることでしょう。

では、今村翔吾さんの実家のダンススクールに行けば、今村翔吾さんに会えるのでしょうか?

こちらは情報がなく、何ともいえません。

でも、誰であっても実家には帰省するでしょうから、会える可能性もあるでしょうね。

もっとも、実家に迷惑はかけないようにしたいものですが。

ということで、この記事では、今村翔吾さんについて、さまざまなことを取り上げてきました。

ただ、人気時代小説作家というだけでもすばらしかった、今村翔吾さん。

しかしながら、自身も元ダンサーであって、おまけに実家がダンススクールだったとは、あまりの話題性におどろかざるを得ません。

もしも、今村翔吾さんの時代小説が好きだという方で、ダンスにも興味があるという方がいらっしゃったら、ぜひ、実家のダンススクールの授業を受けてみてはいかがでしょうか。

それでは、今村翔吾さん会心の作である『塞王の楯』が、20221月の直木賞を受賞することになるのか、楽しみに待つことにいたしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)