今村翔吾と妻美月の馴れ初めや結婚した時期と披露宴の画像を調査

今村翔吾と妻美月の画像

20221月に直木賞の受賞作が発表される予定になっています。

そんななか、時代小説で有力視されている作家、作品として、今村翔吾さんの『塞王の楯』がありました。

はたして、今村翔吾さんとはどういった時代小説作家で、『塞王の楯』とはどういう時代小説だったというのでしょうか。

また、この記事では、今村翔吾さんのプライベートについても調べてみました。

今村翔吾さんと嫁の馴れ初めとはどのようなもので、今村翔吾さんと嫁が結婚した時期とはいつだったのでしょうか

さらに、今村翔吾さんと嫁の披露宴の画像についても見ていきますので、ご覧ください。

今村翔吾のプロフィール

今村翔吾さんは、1984618日、京都府出身の37歳。

実は、今村翔吾さんの経歴はめずらしいもので、ダンスインストラクターをはじめ、作曲家、さらには埋蔵文化財調査員などを経験するという、あまりみられない流れを経て、時代小説作家になったのでした。

今村翔吾さんは、『蹴れ、彦五郎』によって、伊豆文学賞小説・随筆・紀行文部門最優秀賞を、そして『狐の城』によって、九州さが大衆文学賞大賞・笹沢左保賞を受賞して、時代小説作家としての活動をスタートさせていきます。

その後、今村翔吾さんは、2017年、『火喰鳥』によって、時代小説作家として正式にデビュー。

さらに『火喰鳥』は、啓文堂書店時代小説文庫大賞を受賞したのでした。

以後、今村翔吾さんは、2018年には、『童神』によって角川春樹小説賞を受賞。

2019年には、『童の神』によって、直木賞にノミネートされて、その知名度をおおはばに上げることになったのです。

2020年には、『八本目の槍』によって吉川英治文学新人賞、野村胡堂文学賞を受賞し、『じんかん』によって山田風太郎賞を受賞。

このように、今村翔吾さんは、着実に時代小説作家としてのキャリアを向上させていたのでした。

今村翔吾の『塞王の楯』とは

今村翔吾さんは、新作の『塞王の楯』が大変、話題になっていました。

『塞王の楯』とは、集英社から20211026日に刊行された時代小説。

哲学的なテーマに挑んだ、意味深な作品だったのです。

物語の舞台となるのは、戦国時代で、さまざまな武将たちによって、動乱が相次いでいます。

そんななか、主人公の匡介は、落城によって家族を亡くしてしまうハメに。

そして匡介は、逃げている最中に、源斎のおかげで救われたのでした。

その後、源斎は、匡介には石を見る特別な才能があると見抜いて、彼をみずからの後継者にしようとします。

やがて匡介は、玲次と、自分たちが石を積んでいくのは、多くの大衆を助けるためだということを語り、戦乱の世から平和の世に変えようとしていくのでした。

匡介は次第に、落城しない城を作ることができれば、戦いを終結させることができるのではないかと思うようになるのです。

一方で、こういった匡介の考えとは違うふうに戦国時代を終わらせようとしている者もいたのでした。

それは、鉄砲職人の彦九郎。

彦九郎には、戦国の世を終わらせるために鉄砲を作るという意図があり、これに匡介は疑問を感じていったのです。

このようにして、落城しない城か、あるいは、鉄砲か、どっちが本当に戦国の世を終わらせることができるというのか、匡介と彦九郎の戦いが始まっていくことになるのでした。

以上、『塞王の楯』は、ただの武将たちの群雄割拠を描いただけではない、なかなかおもしろい内容だったのでした。

さて、この『塞王の楯』は、20221月の直木賞を受賞するのではないかともささやかれています。

実際にどうなるのかはまだ分かりませんが、あたたかく見守っていきましょう。

今村翔吾と妻美月の馴れ初めや結婚した時期

さて、このような今村翔吾さんは、結婚した嫁のことも話題に。

今村翔吾さんの嫁は、美月さんという名前の女性でした。

美月さんがどういう職業なのかなどはよく分かっておりません。

馴れ初めの詳細は不明ながら、おなじダンスチームのメンバーだったと思われます。

結婚したのは2012年だったそうですが、その少なくとも1年前には交際をしていたとか。

当時、今村翔吾さんは28歳だったので、ひょっとしたら学生時代から交際していたかもしれませんし、ちょうど30代手前で男性も結婚を意識する年頃。

そうした中で良いタイミングでダンスチーム内で気があった可能性も・・・

いろんな想像をしてしまいますね。

今村翔吾と妻美月の披露宴の画像

今村翔吾さんと嫁の美月さんといえば、結婚式の披露宴の画像も話題になっています。

まだ若かった今村翔吾さんは、タキシードやお色直しの羽織袴でバッチリきまっていました。

【画像】
今村翔吾・美月の披露宴画像

しかしながら、美月さんもそうとうな美人だったのですね。

ウェディングドレス、振り袖とテイストをあわせてお色直しをしていたようですよ。

顔がいいだけではなく、スタイルもいいので、ひょっとしたら当時はモデルとか美容関係の仕事だったのでしょうか?

あらたに情報が入ってくることに期待したいですね。

ということで、ここまで、今村翔吾さんについて、取り上げてきました。

作家としてのキャリアから、嫁とのことまで、ずいぶん話題が豊富だった、今村翔吾さん。

『塞王の楯』の直木賞の受賞はあるのか否か、注目していきましょう。

発表される日がやって来るのが楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)