村上龍と妻高橋たづ子の馴れ初め|出会いから結婚までの経緯や桐野夏生との噂を調査

村上龍と高橋たづ子の画像

日本を代表する作家の1人として知られている、村上龍さん。

しかし、村上龍さん自身はともかく、その嫁とは、どういう人だったのかが気になりますよね。

そこで、この記事では、村上龍さんの嫁だといわれている高橋たづ子さんについて、調べてみました。

村上龍さんと高橋たづ子さんの馴れ初め、出会いから結婚までの経緯とは、どうなっていたのでしょうか。

ちなみに、村上龍さんは、おなじく有名な作家の桐野夏生さんとのあいだに噂があったとのこと。

ですので、この村上龍さんと桐野夏生さんとの噂についても、どのようなものなのか、見ていきたいと思います。

村上龍の経歴

村上龍さんは、1952219日、長崎県の出身で、202012月現在の年齢は、68歳となっています。

最終学歴は、武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン科中退。

若かったころ、ヒッピー文化の影響を受けたり、米軍基地の近くに住んだという経験が、後に、作家としての村上龍さんに影響を与えることになりました。

村上龍さんは、1976年、『限りなく透明に近いブルー』によって、群像新人文学賞を受賞して、作家デビューします。

同作は芥川賞も受賞し、米軍基地の町を舞台に、若者たちのヒッピー文化を描き、社会に衝撃を与えました。

その後、村上龍さんは、『コインロッカー・ベイビーズ』で野間文芸新人賞。

『村上龍映画小説集』で平林たい子文学賞。

『イン ザ・ミソスープ』で読売文学賞。

『共生虫』で谷崎潤一郎賞。

『半島を出よ』で野間文芸賞と毎日出版文化賞。

そして『歌うクジラ』で毎日芸術賞を受賞するなど、活躍していきます。

これまでに刊行してきた小説には、『69 sixty nine』、『愛と幻想のファシズム』、『イビサ』、『五分後の世界』、『ラブ&ポップ トパーズII』などがありました。

また、映画化された作品も、『限りなく透明に近いブルー』、『ラブ&ポップ』、『オーディション』、『走れ!タカハシ』、『69 sixty nine』、『愛と幻想のファシズム』、『トパーズ』など、たくさんあります。

さらに、村上龍さんは、テレビ番組にも出演し、社会問題などにも取り組みました。

『カンブリア宮殿』をはじめとして、『ルポルタージュにっぽん「ボブ・ディランがやって来た」』、『Ryu’s Bar 気ままにいい夜』など、出演したテレビ番組は多数。

作家としても、それ以外の活動においても、引き続き、村上龍さんの動向に注目ですね。

村上龍と妻高橋たづ子の馴れ初め|出会いから結婚までの経緯

そんな村上龍さんは、嫁も人物像が気になりますが、高橋たづ子さんという人だといわれていました。

高橋たづ子さんは、エレクトーン奏者だったとのこと。

そんな村上龍さんと高橋たづ子さんの馴れ初めは、どういうものだったのでしょうか。

出会いから結婚までの経緯は、詳細は謎であるものの、村上龍さんが警備員をしていたとき、高橋たづ子さんがおなじビルにいたといわれています。

これが事実なら、ずいぶんふつうの感じですから、日本を代表する作家の馴れ初めとしては少し意外ですね。

桐野夏生の経歴

続いては、村上龍さんとのあいだに噂があったという桐野夏生さんについても、見ていきましょう。

桐野夏生さんは、1951107日、石川県の出身で、202012月現在の年齢は、69歳となっています。

今でこそ、たくみな心理描写で定評があるものの、もともとは、ロマンス小説を書いていたという、桐野夏生さん。

その後、ハードボイルドの『顔に降りかかる雨』によって、江戸川乱歩賞を受賞して、本格的にデビュー。

その後、『OUT』で日本推理作家協会賞。

『柔らかな頬』で直木賞。

『グロテスク』で泉鏡花文学賞。

『残虐記』で柴田錬三郎賞。

『魂萌え!』で婦人公論文芸賞。

『東京島』で谷崎潤一郎賞。

『女神記』で紫式部文学賞。

そして『ナニカアル』で読売文学賞と島清恋愛文学賞を受賞しました。

さらに2015年には、紫綬褒章を受章しています。

これまでに刊行してきた小説には、『I’m sorry, mama』、『冒険の国』、『メタボラ』、『IN』、『ポリティコン』、『緑の毒』、『だから荒野』などがありました。

また、映画化された作品も、『OUT』、『魂萌え!』、『東京島』など、たくさんあります。

村上龍と桐野夏生との噂

さて、村上龍さんと桐野夏生さんとの噂とは、何だったのでしょうか。

これは実に意外すぎるものでした。

なんと、村上龍さんが結婚したエレクトーン奏者が、桐野夏生だった?という噂だったのです。

それも作詞家の御徒町凧さんが村上龍さんと桐野夏生さんの息子?という、さらに驚愕すべきものなのでした。

しかし、村上龍さんにはそもそも子供がいるのかが不明、そして桐野夏生さんには娘しかいないといいますから、一連の噂の信ぴょう性は低いと思われます。

村上龍さんも、桐野夏生さんも、有名すぎる作家です。

その2人に、こんな噂があったとは、おどろきですね。

村上龍さんの本当の嫁は、高橋たづ子さんなのでしょうが、さらにくわしい真相究明が待たれるところでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)