マンガ電子書籍のジャンル一覧はこちら

ドラマ「ナンバMG5」のキャストや登場人物から原作漫画のネタバレあらすじとタイトルの意味まで

ドラマ「ナンバMG5」の紹介画像

ドラマ『ナンバMG5』が、20224月クールから、フジテレビ系において放送される予定になっています。

とてもインパクトのあるタイトルだけに、ドラマ『ナンバMG5』とは、いったい、どのような作品だというのか、興味は尽きません。

そこで、さっそく、ドラマ『ナンバMG5』について、いろいろと調べてみることにしました。

ドラマ『ナンバMG5』に出演していたキャストの俳優たち、女優たちの顔ぶれは、どのようなものだったのでしょうか。

また、ドラマ『ナンバMG5』の原作漫画の登場人物たち、原作漫画のネタバレあらすじ、そして原作漫画のタイトルの意味についてもお届けしていきたいと思います。

それではさっそく、ご覧ください。

ドラマ『ナンバMG5』のキャスト

まずは、ドラマ『ナンバMG5』に出演していたキャストの俳優たち、女優たちにどういう面々がいたのか、見ていきましょう。

実は、ドラマ『ナンバMG5』に出演していたキャストについては、202223日現在、主演しか分かっていませんでした。

ドラマ『ナンバMG5』で主人公の難破剛役を演じているのは、間宮祥太朗さんです。

間宮祥太朗さんは、1993611日、神奈川県出身の28歳。

2008年、ドラマ『スクラップ・ティーチャー~教師再生』に出演したことによって、俳優としてデビュー。

2016年、ドラマ『ニーチェ先生』に出演したことによって、ドラマに初主演。

そして2017年、映画『お前はまだグンマを知らない』に出演したことによって、映画初主演となりました。

さらにこのドラマ『ナンバMG5』への出演によって、プライム帯連続ドラマ初主演となったのです。

これまでに、間宮祥太朗さんは、ドラマでは、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』、『僕たちがやりました』、『BG~身辺警護人~』、『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』、『ファイトソング』など。

映画では、『帝一の國』、『トリガール!』、『全員死刑』、『殺さない彼と死なない彼女』、『東京リベンジャーズ』などに出演してきました。

間宮祥太朗さん以外のドラマ『ナンバMG5』のキャストも、随時、分かって来ればいいですね。

ドラマ『ナンバMG5』の原作漫画の登場人物

ドラマ『ナンバMG5』は、小沢としおさんの『週刊少年チャンピオン』で2005年から2008年まで連載された漫画が原作です。

既に完結していますが、続編の『ナンバデッドエンド』が継続して連載中となっています。

そこで、このドラマ『ナンバMG5』の原作漫画の登場人物を確認していきましょう。

主人公の難破剛は、ヤンキー一家で育った元ヤンキーの普通の高校生。

難破勝は、難破剛の父親で、元最強ヤンキーだったトラック運転手。

難破ナオミは、難破剛の母親で、元レディースだったパチプロ主婦。

難破猛は、難破剛の兄で、高校時代には関東トップのカリスマヤンキーだった無職。

難破吟子は、難破剛の妹で、自宅で変なパジャマを着ている中学生。

 

これがドラマ『ナンバMG5』では誰が演じて、どのようなキャラクター設定になるのか、楽しみですね。

ドラマ『ナンバMG5』の原作漫画のネタバレあらすじ

まずは、ドラマ『ナンバMG5』の原作漫画のあらすじです。

主人公の難破剛は、家族がみんなヤンキーで、ヤンキー中学校のトップでした。

ところがヤンキーを辞めることに決め、普通の高校に進学し、家ではヤンキーのまま、学校では真面目な生徒になったのです。

もっとも、それでも難破剛は、ケンカに巻き込まれてしまうのでした。

続いては、ドラマ『ナンバMG5』の原作漫画のネタバレです。

難破剛は難破猛から、変わってしまったことで心配されました。

ところが難破剛は、兄の難破猛に自分は変わってないとウソをつきます。

昔の思い出話に花を咲かせていく、剛と猛。

そして剛は猛に向かって、ウソが下手だと言い、猛も心の中でおたがいさまだと呟くのでした。

ドラマ『ナンバMG5』の原作漫画のタイトルの意味

さて、ドラマ『ナンバMG5』は、タイトルが独特ですが、原作漫画にはどういう意味があったのでしょうか。

これには、実におどろくべき意味がありました。

なんと、「マジギレ5秒前」を意味していたのですね。

単純といえば単純、複雑といえば複雑な、なんともいえない意味でしょう。

まるで広末涼子さんの楽曲のタイトルのようで面白いものです。

ということで、今回は、ドラマ『ナンバMG5』について、出演していたキャストの顔ぶれ、原作漫画の登場人物たち、原作漫画のネタバレあらすじ、原作漫画のタイトルの意味を見てまいりました。

俗にいうヤンキードラマではありますが、アプローチが異なっていたのが特徴だと言えるでしょう。

主人公が、本人はヤンキーを卒業しようとしているにもかかわらず、家族がヤンキーだったとは、なんとも斬新な設定ですよね。

また、ドラマ『ナンバMG5』は、キャストの顔ぶれ、原作漫画の登場人物たち、原作漫画のタイトルの意味も注目すべきものでした。

放送がスタートしたら、絶対に最終回まで見続けたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)