直木賞164回2020年下半期の発表日時やノミネートと受賞作品予想

直木賞2020下半期の画像

ある程度、小説が好きだという方であれば、見逃すことができない一大イベントとして、文学賞の存在が挙げられるでしょう。

そしてそのなかにおいても、芥川賞と直木賞は格別なものがあるだろうと思います。

そこで、今回は、直木賞について特集していきます。

はたして、直木賞とは、そもそもどういう文学賞だったのでしょうか。

また、この次の第164回直木賞(2020年下半期)についてもピックアップ。

164回直木賞(2020年下半期)が発表される日時はいつになるのかや、ノミネートされる作品、受賞する作品はどうなるのかを、独自に予想してまいりますので、ご覧ください。

↓芥川賞についてはこちらで確認できます。

芥川賞の画像芥川賞(第164回2020年下半期)の発表日時や受賞候補者とノミネート作品

追記2:直木賞(第164回=2020年下半期)発表

第164回直木賞(2020年下半期)受賞作品が2021年1月20日に発表されました。

受賞したのは西條奈加さんの『心淋し川』です。

西條奈加さんの地元北海道からはこれまでに直木賞受賞者は出ていません。

つまり、北海道史上初の直木賞受賞となったわけです。

これは大変な快挙ですよね。

ご本人や関係者だけでなく、道民の皆様にとっても本当に嬉しいことでしょう。

おめでとうございます。

↓西條奈加さんの個別記事はこちらです。
西條奈加の画像西條奈加(さいじょうなか)の経歴|心淋し川のあらすじや感想と直木賞候補ノミネート理由を調査

追記:直木賞第164回ノミネート作家と作品が発表

2020年12月18日、第164回直木賞のノミネート作家と作品が発表されました。

  • 芦沢央「汚れた手をそこで拭かない」
  • 伊与原新の「八月の銀の雪」
  • 加藤シゲアキ「オルタネート」
  • 西條奈加「心淋し川」
  • 坂上泉「インビジブル」
  • 長浦京「アンダードッグス」

候補者については個別記事がありますので、合わせて確認してみましょう。

オルタネート(加藤シゲアキ)の画像加藤シゲアキのオルタネートはおもしろいのか|あらすじとファン以外の評価を徹底調査坂上泉の画像坂上泉のインビジブルのあらすじと感想や過去作品の受賞歴を調査長浦京の画像長浦京(ながうらきょう)の経歴が壮絶|アンダードッグスのあらすじ感想や小説作品一覧を調査伊与原新の画像伊与原新(いよはらしん)の経歴|八月の銀の雪のあらすじや感想とおすすめ作品一覧西條奈加の画像西條奈加(さいじょうなか)の経歴|心淋し川のあらすじや感想と直木賞候補ノミネート理由を調査芦沢央の画像芦沢央の経歴|おすすめ小説や映画化作品一覧から代表作の感想や評価までを徹底調査加藤シゲアキの画像加藤シゲアキの小説家経歴|本の評価や全部の一覧からおすすめと映画化作品を徹底解説

以上、2021年1月20日の直木賞発表までにできるだけ全部読破しておきたいですね。

試し読みしてみる
(電子書籍ストアBOOK☆WALKER)

直木賞とは

直木賞の正式名称は、「直木三十五賞」です。

芥川賞とよく混同されがちな文学賞ではあるものの、授賞対象作のジャンルが、芥川賞は純文学、直木賞は大衆文学。

授賞対象者が、芥川賞は新人・中堅クラス、直木賞は中堅・ベテランクラス。

授賞対象作の仕様が、芥川賞は雑誌掲載作、直木賞は刊行された書籍。

そして授賞対象作の長さが、芥川賞は短編・中編、直木賞は長編・短編集、といった差異がありました。

文藝春秋社社長だった作家の菊池寛さんが、作家の直木三十五さんを記念して、1935年にはじめ、同時に芥川賞もスタートしたため、両賞の歴史は実に85年にも及んでいます。

なお、両賞の場合、芥川賞の村上春樹さん、吉本ばななさん、直木賞の北方謙三さん、伊坂幸太郎さんのように、著名な作家であっても、意外にも受賞していない、または本人が受賞対象になることを断ったというケースも存在しました。

また、芥川賞の場合、新人・中堅作家の代表作が受賞することが多いものの、直木賞の場合、一般的にその作家の代表作と評価されている作品が落選し、その後、別の作品が受賞するというパターンもしばしば。

このように、芥川賞にせよ、直木賞にせよ、けっこう奥深いものだったというわけですね。

さて、そんな直木賞は、芥川賞とともに、毎年2回発表され、授賞対象作数は、最多で2作、最小で受賞作なしとなります。

ここ5回分の受賞は、第159回直木賞(2018年上半期)が、島本理生さんの『ファーストラヴ』。

160回直木賞(2018年下半期)が、真藤順丈さんの『宝島』。

161回直木賞(2019年上半期)が、大島真寿美さんの『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』。

162回直木賞(2019年下半期)が、川越宗一さんの『熱源』。

163回直木賞(2020年上半期)が、馳星周さんの『少年と犬』でした。

なお、歴代受賞者のうち、受賞年齢が低かったのは、1位が22歳だった堤千代さん。

2位が朝井リョウさん。

3位が平岩弓枝さん。

4位が山田詠美さん。

そして5位が三浦しをんさん。

一方、受賞年齢が高かったのは、1位が68歳だった星川清司さん。

2位が青山文平さん。

3位が古川薫さん。

4位が黒川博行さん。

そして5位が佐藤得二さんです。

これから直木賞や、その受賞者、受賞作がどうなっていくというのか、ますます目が離せそうにありませんね。

直木賞1642020年下半期の発表日時

さて、次の第164回直木賞(2020年下半期)が発表される日時は、いったい、いつになるのでしょうか?

直木賞は、芥川賞とともに、毎年、1月と7月に発表されてきました。

したがって、これまでの流れからいえば、20211月とみられるでしょう。

そこでさっそく調べてみたところ、第164回直木賞(2020年下半期)は、2021120日に。

165回直木賞(2021年上半期)は、2021714日に選考会が行われるとのこと。

直木賞は選考会実施日に発表されますので、第164回直木賞(2020年下半期)は、2021120日に、そのまま発表されることでしょう。

なお発表される時間は、例年16:00から選考委員会が開かれ、18:00頃に発表されていますが、2020年上半期はいつもと違いました。

14:00から選考委員会が開かれたんです。

その結果、16:00頃には速報が出ていましたから、やはり約2時間後には発表というところは変わりません。

選考委員会が始まる時間が発表されるのは12月20日頃ですから、今から楽しみですね。

【追記:選考委員会が開かれるのは2021年1月20日の15:00、発表はその約2時間後の17:00頃になる見込みです。

直木賞1642020年下半期のノミネート

それでは、そんな第164回直木賞(2020年下半期)にノミネートされる作品はどうなるのでしょうか。

こちらはまだ決まっていないため、なんともいえませんが、予想されていた作品には、以下のものがありました。

芦沢央さんの『汚れた手をそこで拭かない』。

伊吹有喜さんの『犬がいた季節』。

窪美澄さんの『私は女になりたい』。

瀬尾まいこさんの『夜明けのすべて』。

凪良ゆうさんの『滅びの前のシャングリラ』。

深緑野分さんの『この本を盗む者は』。

はたして、このなかからノミネートされるのか、注目ですね。

直木賞1642020年下半期の受賞作品予想

164回直木賞(2020年下半期)を受賞する作品はどうなるのでしょうか。

過去の傾向的には、文藝春秋の作品や、ノミネートされた経験がある作家の作品が有利です。

ここを踏まえれば、版元が文藝春秋の、芦沢央さんの『汚れた手をそこで拭かない』と、瀬尾まいこさんの『夜明けのすべて』。

そして4回目のノミネートである伊吹有喜さんの『犬がいた季節』あたりが有力なのでしょうか。

直木賞もおもしろいものですね。

それにしても、第164回直木賞(2020年下半期)にノミネートされる作品、受賞する作品が楽しみです。

ここでご紹介した以外の作品もあり得ますので、けっして油断しないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)