マンガ電子書籍のジャンル一覧はこちら

西村賢太の経歴|苦役列車のネタバレあらすじや映画版との違いを調査

西村賢太の画像

芥川賞作家の西村賢太さんが亡くなったという、大変ショッキングなニュースが入ってきました。

『苦役列車』で芥川賞を受賞したことがまだ記憶にあたらしい、西村賢太さん。

まだ若かっただけに、早すぎることで惜しまれてなりませんね。

こうしたことですので、今回は、西村賢太さんについて、取り上げてまいりたいと思います。

はたして、西村賢太さんとは、どのようなプロフィールの作家だったのでしょうか。

また、『苦役列車』のあらすじ、ネタバレ、小説と映画版とはどこが違うのかについても、探ってみました。

それでは、さっそく、ご覧ください。

西村賢太のプロフィール

西村賢太さんは、1967712日、東京都出身。

その経歴は、芥川賞作家としては、あまりにも異色すぎるものなのでした。

西村賢太さんは、父親が強盗強姦事件を引き起こしてしまい、逮捕され、実刑を受けたことによって、その後、両親は離婚してしまい、母子家庭で育つことになったのです。

さらに、中学校卒業後は、高校に進学せず、アパートに住むものの、家賃滞納で強制退去処分を食らい、以後も同様のトラブルを繰り返すことに。

仕事の方も、港湾荷役、警備員といったもので、お世辞にも恵まれたものではありませんでした。

しかし、その一方で、西村賢太さんは、古本屋に通って私小説の読書、研究にはまるようになり、『田中英光私研究』を刊行したほか、みずからも私小説を執筆するようになったのです。

そして藤澤清造の小説に熱中していって、「藤澤清造の没後弟子」と称して、『藤澤清造全集』の個人編集をしたのでした。

そんな西村賢太さんは、2004年、「けがれなき酒のへど」が『文學界』に掲載されたことで、作家として注目されていくことに。

2006年には、「どうで死ぬ身の一踊り」で芥川賞、「一夜」で川端康成文学賞、『どうで死ぬ身の一踊り』で三島由紀夫賞に、それぞれ、ノミネート。

2007年には、『暗渠の宿』で野間文芸新人賞を受賞。

2008年には、「小銭をかぞえる」で芥川賞にノミネート。

2009年には、「廃疾かかえて」で川端康成文学賞にノミネート。

そして2011年、「苦役列車」で、とうとう芥川賞を受賞したのです。

後述しますように、「苦役列車」は、2012年、森山未來さん主演で映画化され、小説に加えて、こちらもおおいに話題になりました。

また、西村賢太さんは、『スタジオパークからこんにちは』、『人生が変わる1分間の深イイ話』、『ナカイの窓』、『アウト×デラックス』、『Qさま‼』、『大改造!劇的ビフォーアフター』など、バラエティー番組にも数多く出演していきます。

しかし、そんな西村賢太さんは、202225日、まだ54歳という若さだったにもかかわらず、亡くなったのでした。

西村賢太の『苦役列車』のあらすじ

少年の北町貫多は、父親が犯罪者のため、不遇の身で、中学校卒業後は、肉体労働をし、給料は風俗代に使ってしまうという毎日でした。

そんななか、現場にアルバイトとして専門学校生の日下部正二がやって来て、北町貫多は、彼と親しくなることに。

が、彼とも勤務先の先輩ともトラブルを起こし、勤務先を辞めてしまいます。

そして北町貫多はやがて、藤澤清造の私小説とめぐり合うことになったのでした。

苦役列車はコミックシーモアの月額ポイントコースで購入すると、半額で買える上に全額ポイント還元されるので超お得です。

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

>>「苦役列車」を全額ポイント還元で読む|コミックシーモア

西村賢太の『苦役列車』のネタバレ

北町貫多は作家になり、川端賞を受賞したいと願っていました。

それなりに評価を得ていた北町貫多は、古本屋で見つけた『嘉村礒多の思い出』を読みふけっていくことに。

そして作家のありかたについて考えていったのです。

しかし、当の川端賞の発表の日、北町貫多が受賞することはなかったのでした。

西村賢太の『苦役列車』の映画版との違い

さて、先に述べました通り、西村賢太さんの代表作である「苦役列車」は、2012年に、森山未來さん主演で映画化されることに。

それでは、小説と映画版は、いったい、どこが違ったというのか、見てまいりましょう。

映画では、主人公の北町貫多役を森山未來さん、日下部正二役を高良健吾さん、そして桜井康子役を前田敦子さんが演じました。

ところが、このうち、北町貫多と日下部正二はともかく、桜井康子は映画だけのオリジナルキャラだったのです。

よって、北町貫多と日下部正二と桜井康子が海に行くシーンも小説にはなかったのでした。

まさか、小説と映画のあいだに、ここまで大きな改変があったとは、おどろきですね。

このように、今回は、芥川賞作家の西村賢太さんについて、プロフィール、代表作である『苦役列車』のあらすじ、ネタバレ、小説と映画版とはどこが違うのかについて、お届けしてきました。

こうして見てみますと、西村賢太さんといい、『苦役列車』といい、かなり個性的な存在だったことが分かるのではないでしょうか。

それだけに、西村賢太さんの早すぎる訃報が悔やまれてなりませんね。

もし、『苦役列車』をお読みになったことがない方がいらっしゃいましたら、この機会に、ぜひとも、手に取られてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)