乗代雄介(のりしろゆうすけ)の経歴|旅する練習のあらすじや感想と芥川賞候補になった理由

乗代雄介の画像

作家の乗代雄介さんについて、特集していきたいと思います。

これまでに作家として、さまざまな作品を発表してきた、乗代雄介さん。

はたして、乗代雄介さんとは、どういう作家だったのか、これから追っていきましょう。

さて、乗代雄介さんといえば、芥川賞にノミネートされたことで、いま、話題です。

そこで、ノミネート作である『旅する練習』のあらすじ、感想、芥川賞にノミネートされた理由を、それぞれ確認していきましょう。

それではさっそく、ご覧ください。

1.乗代雄介の経歴

いよいよ、満を持して、20211月に決定の芥川賞・直木賞の候補作が、それぞれ発表されました。

芥川賞は、宇佐見りんさんの『推し、燃ゆ』、尾崎世界観さんの『母影』、木崎みつ子さんの『コンジュジ』、砂川文次さんの『小隊』、乗代雄介さんの『旅する練習』。

直木賞は、芦沢央さんの『汚れた手をそこで拭かない』、伊与原新さんの『八月の銀の雪』、加藤シゲアキさんの『オルタネート』、西條奈加さんの『心淋し川』、坂上泉さんの『インビジブル』、長浦京さんの『アンダードッグス』です。

ここでは、このうち、乗代雄介さんを取り上げていきたいと思います。

乗代雄介さんは、1986618日、北海道の出身で、現在の年齢は34歳となっていました。

そんな乗代雄介さんは、中学生時代から創作活動をスタート。

法政大学社会学部メディア社会学科を卒業し、学習塾で働いたのち、2015年に、『十七八より』で、群像新人文学賞を受賞したことによって、作家デビューをはたしています。

2018年には、『本物の読書家』で野間文芸新人賞を受賞。

さらに2019年には、『最高の任務』で芥川賞にノミネートされました。

今回は2回目のノミネートということで、ますます受賞が待たれますね。

群像新人文学賞は、講談社の公募型文学新人賞。

これまでに受賞した作品は、2016年が、崔実さんの『ジニのパズル』。

2017年が、上原智美さんの『天袋』、李琴峰さんの『独舞』。

2018年が、北条裕子さんの『美しい顔』。

2019年が、石倉真帆さんの『そこどけあほが通るさかい』。

2020年が、湯浅真尋さんの『四月の岸辺』となっています。

なお、上原智美さんの『天袋』、李琴峰さんの『独舞』、湯浅真尋さんの『四月の岸辺』は優秀作となっていました。

これまでに乗代雄介さんが発表してきた作品は、刊行された作品が、『十七八より』、『本物の読書家』、『最高の任務』 、『ミック・エイヴォリーのアンダーパンツ』、『旅する練習』。

雑誌に掲載された作品が、『さいごのしれい』、『旅する練習』となっています。

2.乗代雄介の『旅する練習』のあらすじ

乗代雄介さんの芥川賞候補作『旅する練習』のあらすじを確認していきましょう。

『旅する練習』は雑誌「群像」の2020年12月号に掲載されました。

試し読みしてみる
(電子書籍ストアBOOK☆WALKER)

主人公は小説家。

人気のない風景を描くのが趣味でした。

一方、そんな主人公の姪は、サッカーが好きな小学生です。

そんな主人公と姪は、新型コロナウイルスに見舞われるなかでの春休みに、サッカーの練習と宿題をこなしながらの旅に出ることになったのでした。

3.乗代雄介の『旅する練習』の感想

以上が、乗代雄介さんの芥川賞候補作『旅する練習』のあらすじです。

最近の文学賞の受賞作は、設定が独特のものが多いですが、本作はいたってふつうの感じがしました。

一方で、新型コロナウイルスは2020年の世相をよく反映していますし、風刺的な一面もあるといえるでしょう。

このような乗代雄介さんの『旅する練習』が、芥川賞を受賞することになるのかどうか、発表の日がやって来るまで、しっかり見守っていくことにしましょう。

4.乗代雄介の『旅する練習』が芥川賞候補になった理由

それでは、乗代雄介さんの『旅する練習』が芥川賞にノミネートされたのはどうしてだったのでしょうか。

理由としては、もちろん、作品そのものがすぐれていたということも挙げられるでしょう。

しかし、その一方で、乗代雄介さんが、すでに、過去に『最高の任務』で芥川賞にノミネートされた経験があることも、一因ではないかと思われます。

このときは受賞には至らなかったものの、今度こそ受賞が実現すればいいですね。

乗代雄介さんは、このようにすぐれたキャリアの作家でした。

芥川賞にノミネートされるのも、これが初ではなくて、2回目ということで、頼もしい限りです。

早く芥川賞の選考結果が判明することが、いまから待ち遠しくてなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です