奥浩哉の嫁がGANTZ多恵ちゃん激似でモデル確定か考察

奥浩哉と嫁の画像

今回は、漫画家の奥浩哉さんについて、いろいろな話題を特集していきたいと思います。

あの『GANTZ』の作者としてはばひろく知られている、奥浩哉さん。

もちろん、奥浩哉さん本人も注目すべき経歴の持ち主であったものの、ある意味、それ以上に注目されていたのが、奥浩哉さんの嫁なのでした。

なんと、奥浩哉さんの嫁は『GANTZ』のキャラクターである多恵ちゃんに激似?と言われていたのですね。

また、奥浩哉さんの嫁は、『GANTZ』の多恵ちゃんのモデルだったのではないかとも。

そこで、この記事ではさっそく、奥浩哉さんの嫁の画像について、調べてみました。

はたして、奥浩哉さんの嫁は、『GANTZ』の多恵ちゃんに激似だったのか、そして、多恵ちゃんのモデルだったのでしょうか?

奥浩哉のプロフィール

奥浩哉さんは、1967916日、福岡県出身の54歳。

『変[HEN]』で、1988年、ヤングジャンプ青年漫画大賞に準入選して、漫画家としてデビューをはたしました。

以後、1999年から2000年まで、『週刊ヤングジャンプ』で、『01 ZERO ONE』を連載。

2000年から2013年まで、『週刊ヤングジャンプ』で『GANTZ』を連載。

2006年から2007年まで、『週刊ヤングジャンプ』で、『め~てるの気持ち』を連載。

2014年から2017年まで、『イブニング』で、『いぬやしき』を連載。

そして、2018年から2021年まで、『ビッグコミックスペリオール』で、『GIGANT』を連載しています。

GANTZ』のキャラクターである多恵ちゃんとは

続いて、奥浩哉さんの代表作である『GANTZ』のキャラクターの多恵ちゃんについて、確認していきたいと思います。

まずは、そもそも、『GANTZ』とはどういう漫画なのかについて。

GANTZ』は、『週刊ヤングジャンプ』において、2000年から2013年まで連載されました。

あらすじは以下のとおりです。

高校生の玄野計は、地下鉄のホームにおいて、かつて親しかった加藤勝を発見しました。

加藤勝は酔っ払いが線路に落ちたのを救おうとしていて、玄野計は、いっしょに助けることにするものの、2人とも失敗して、電車に轢かれてしまったのです。

ところが、死んだはずの玄野計と加藤勝は、何故か生きていて、知らないマンションにいたのでした。

マンションには、やはり、死んだはずだったのに、なぜか生きていた人たちがいたのです。

そして部屋の中にあった、ガンツと称される謎の黒い球から、命令を受けることになりました。

それは、星人をやっつけろというもので、みんなは、その後、違った場所へと転送されることになるのです。

やがて、こうしたことを続けていった玄野計は、星人とのバトルを楽しむようになっていきました。

一方の加藤勝は、星人と戦うことに消極的だったものの、結局、戦っていかざるを得なくなります。

ところが、こういった玄野計と加藤勝の行動によって、玄野計のほか、みんな犠牲になるという結果になってしまうのでした。

次は、『GANTZ』の多恵ちゃんとはどういうキャラクターなのかについて。

先述のようにして、自分だけが助かった玄野計ですが、そんな玄野計の彼女が多恵ちゃんこと小島多恵なのですね。

玄野計は、多恵ちゃんの存在に鼓舞されて、引き続き、ガンツの命令通りに動いていくことになるのでした。

奥浩哉の嫁が『GANTZ』の多恵ちゃんに激似?

奥浩哉さんは、その嫁が、上述の『GANTZ』の多恵ちゃんに激似?と言われていたのでした。

これは本当なのでしょうか?

そこでさっそく、奥浩哉さんの嫁の画像を探してみたところ、見つかりました。

しかし、『GANTZ』の多恵ちゃんとは、まったく似ていません。

一部の『GANTZ』のファンのあいだでは、多恵ちゃんに似ていると評されていたのですが、ヴィジュアル的にそっくりとは思えませんね。

あるワンシーンのみ、似てないとは言えない表情がありましたが。

にもかかわらず、どうして、このように評されるようになったのか、不思議でした。

奥浩哉の嫁は『GANTZ』の多恵ちゃんのモデルで確定?

このように、奥浩哉さんの嫁は『GANTZ』の多恵ちゃんに似ていませんでした。

しかし、一部では、奥浩哉さんの嫁は『GANTZ』の多恵ちゃんのモデルで確定?と言われていたとのこと。

似ていないのに、どうしてなのでしょうか?

ひょっとしたら、ヴィジュアルではなく、キャラクターなどでモデルになったのかと思いきや、そうでもありませんでした。

ちなみに、奥浩哉さんは、『GANTZ』の多恵ちゃんのモデルについては、多部未華子さんだと語っていたとのこと。

これならヴィジュアル的にはしっくりきますが、いずれにしても、奥浩哉さんの嫁がモデルということはなさそうですね。

今回は、『GANTZ』の作者の奥浩哉さんについて、見てまいりました。

奥浩哉さんや『GANTZ』も話題ですが、嫁や『GANTZ』のキャラクターである多恵ちゃんの話題も、ある意味、それ以上にユーモラスでしたね。

奥浩哉さんや『GANTZ』のファンだという方は、このことを意識してみれば、いっそう、奥浩哉さんの漫画や『GANTZ』を楽しむことができるのではないでしょうか。

それでは、今後も、奥浩哉さんのますますの活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)