マンガ電子書籍のジャンル一覧はこちら

ドラマ「鹿楓堂よついろ日和」のキャストや原作漫画ネタバレとあらすじに感想を調査

ドラマ「鹿楓堂よついろ日和」のカバー画像

テレビ朝日系において放送されているドラマ『鹿楓堂よついろ日和』について、お届けしていきたいと思います。

『ゴーゴーバンチ』に連載された清水ユウさんの漫画が原作でした。

和風喫茶の鹿楓堂の従業員たちが、問題をかかえた客たちの悩みを解決していくというストーリーです。

それでは、そんなドラマ『鹿楓堂よついろ日和』のキャストとは、はたして、どういった俳優たち、女優たちだったのか、見てまいりましょう。

ドラマ『鹿楓堂よついろ日和』の原作漫画のあらすじ、ネタバレ、感想も、あわせて取り上げていきますので、ご覧ください。

ドラマ『鹿楓堂よついろ日和』のキャスト

まずは、ドラマ『鹿楓堂よついろ日和』に出演していたキャストの俳優たちや女優たちの顔ぶれを見ていくことにしましょう。

スイ/東極京水役を演じるのは小瀧望さん。

ときたか/永江ときたか役を演じるのは葉山奨之さん。

ぐれ/グレゴーリオ・ヴァレンティノ役を演じるのは佐伯大地さん。

椿/中尾椿役を演じるのは大西流星さん。

角崎英介役を演じるのは白洲迅さん。

東極八京役を演じるのは藤井流星さん。

神子洸一郎役を演じるのは戸次重幸さん。

神子まり役を演じるのは加藤柚凪さん。

そして花岡千利役を演じるのは西垣匠さんとなっています。

小瀧望

小瀧望さんは、1996730日、大阪府出身の26歳。

これまでに、ドラマでは、『世界一難しい恋』、『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』、『僕とシッポと神楽坂』、『白衣の戦士!』、『決してマネしないでください。』といった作品に出演してきました。

葉山奨

葉山奨之さんは、19951219日、大阪府出身の26歳。

これまでに、ドラマでは、NHK連続テレビ小説『まれ』、『僕たちがやりました』、『セトウツミ』、『レンタルなんもしない人』、『江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~』といった作品に出演してきました。

佐伯大地

佐伯大地さんは、1990719日、東京都出身の32歳。

これまでに、ドラマでは、

NHK大河ドラマ『青天を衝け』、『シャーロック』、『親バカ青春白書』、『世にも奇妙な物語』、『欠点だらけの刑事』といった作品に出演してきました。

大西流星

大西流星さんは、200187日、兵庫県出身の21歳。

これまでに、ドラマでは、『スターマン・この星の恋』、『年下彼氏』、『メンズ校』、『夢中さ、きみに。』、『夢中さ、きみに。』といった作品に出演してきました。

白洲迅

白洲迅さんは、1992111日、東京都出身の29歳。

これまでに、ドラマでは、『向かいのバズる家族』、『白衣の戦士! 』、『ヤヌスの鏡』、『インフルエンス』、『リコカツ』、『消えた初恋』といった作品に出演してきました。

ドラマ『鹿楓堂よついろ日和』の原作漫画あらすじ

和風喫茶の鹿楓堂は、スイ、ときたか、ぐれ、椿の4人によって経営されているお店です。

そんな鹿楓堂は、4人のルックス、そして料理のクオリティによって、高い人気を博していました。

なかでも、ぐれが作るラテアートは独特です。

パッと見た感じでは、なんなのか分からないものの、好評になっていたのでした。

もっとも、味は抜群なので、高い人気をほこっていたというわけです。

さて、鹿楓堂では、4人のイケメン店員たちのもとに、さまざまなお客がやって来ます。

そしてお客のさまざまな悩みごとを4人のイケメン店員たちが鮮やかに解決していくのでした。

ドラマ『鹿楓堂よついろ日和』の原作漫画ネタバレ

とある母親が悩んでいました。

母親は、育児に関して、書積に書かれてあることと比較して、自分の子供の成長が遅いのではないかと思っていたのです。

それでも、子供が泣くのをあやそうと懸命に振る舞うものの、なかなかうまくいきません。

すると、そこにスイがやって来て、鹿楓堂のなかへと母親を招いたのでした。

鹿楓堂では、スイだけではなく、ときたか、ぐれ、椿も、子供のめんどうを見てあげることに。

なかでも、ぐれはよき兄的に接してあげて、母親を安心させてあげたのです。

ドラマ『鹿楓堂よついろ日和』の感想

ドラマ『鹿楓堂よついろ日和』は、イケメン店員たちによって展開されていきます。

この点ももちろん高く評価されていました。

しかし、ただのドラマではなく、店員たちがお客の空腹だけではなく、心まで満たしてくれるというストーリーが高い共感を呼んでいます。

現実に、鹿楓堂みたいなお店があったらいいと思ってしまったくらいです。

きっと、ご覧になれば、あなたも、その世界観のとりこになってしまうのではないでしょうか。

このように、今回、この記事では、ドラマ『鹿楓堂よついろ日和』について、キャスト、原作漫画のあらすじ、ネタバレ、感想をお届けしてまいりました。

すばらしい俳優たち、女優たちによって、独特としかいいようのない物語が展開されていくのは、かなりの見どころであるといえるでしょう。

それでは、最終回まで、ぜひとも、このようなドラマ『鹿楓堂よついろ日和』を見逃すことのないようにしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)