【芥川賞】砂川文次『ブラックボックス』
【直木賞】今村翔吾【塞王の楯』 と 米澤穂信『黒牢城』

TAEKOの歌手経歴|英語が上手い理由はハーフなのか両親の国籍を調査

TAEKOの画像

2021年も、すっかり『輝く!日本レコード大賞』の季節となりましたね。

『輝く!日本レコード大賞』といえば、『NHK紅白歌合戦』と並んで、極めて注目度が高い音楽番組としておなじみです。

毎年発表される日本レコード大賞の大賞や最優秀新人賞の行方からも、俄然、目が離せません。

そんななか、『輝く!日本レコード大賞』の出場者として話題のアーティストに、TAEKOさんがいました。

そこで、ここでは、そんなTAEKOさんについて、取り上げていきたいと思います。

はたして、TAEKOさんの歌手としてのプロフィールは、どういったものだったのでしょうか。

実は、TAEKOさんは、英語が上手かったのですが、その理由とは、ハーフだったからなのでしょうか。

TAEKOさんの両親の国籍などを、さっそく、探ってみましたので、ご覧ください。

TAEKOが日本レコード大賞新人賞

2021年の『輝く!日本レコード大賞』は、TBS系において、20211230日、1730~、放送される予定となっています。

司会を担当するのは、アナウンサーは安住紳一郎さん、女優は吉岡里帆さんでした。

そんな『輝く!日本レコード大賞』といえば、なんといっても目が離せないのが各音楽賞の対象ではないかと思います。

音楽賞には、日本レコード大賞、最優秀新人賞、優秀作品賞、新人賞、最優秀歌唱賞、特別賞、特別国際音楽賞、日本作曲家協会選奨、特別功労賞がありました。

これらのうち、日本レコード大賞は優秀作品賞から、最優秀新人賞は新人賞から発表されることになっています。

すでに、優秀作品賞、新人賞、最優秀歌唱賞、特別賞、特別国際音楽賞、日本作曲家協会選奨、特別功労賞は決まっていました。

日本レコード大賞の候補でもある優秀作品賞は、LiSAさんの「明け星」、純烈の「君がそばにいるから」、乃木坂46の「ごめんねFingers crossed」、Da-iCEの「CITRUS」、NiziUの「Take a picture」、DA PUMPの「Dream on the street」、AKB48の「根も葉もRumor」、三浦大知さんの「Backwards」、氷川きよしさんの「Happy!」、Awesome City Clubの「勿忘」。

最優秀新人賞の候補でもある新人賞は、INITAEKOさん、マカロニえんぴつ、望月琉叶さんとなっていました。

さて、そんな新人賞の受賞者のなかでも、注目しておきたいのがTAEKOさん。

実は、このTAEKOさんには、話題性が複数あったからなのですね。

それでは、これから、そんなTAEKOさんの話題性について、見ていくことにいたしましょう。

TAEKOの歌手経歴

TAEKOさんは、1992710日、大阪府出身の29歳。

たった8歳のころからダンスを習うようになったという、TAEKOさん。

当初のキャリアはダンサーでしたが、やがて歌手活動の方も展開していったのです。

そして、2018年には、TAEKOさんに複数あったという話題性のうちの1つである、権威のあるアメリカのアポロシアターにおける、『アマチュアナイト』への出演をはたして、5位という記録を打ち出したのでした。

さらに、2020年には、デジタルシングル「Queen Bee」のリリースによって、歌手として記念すべきメジャーデビューとなります。

2021年には、日本レコード大賞新人賞も受賞し、もっとも今後が注目されるアーティストの1人となったのでした。

このように、ここ近年、すさまじいいきおいをみせていた、TAEKOさん。

2022年以降も、どのように活躍していくというのか、楽しみですね。

TAEKOの学歴

さて、このようなTAEKOさんの学歴は、どうなっていたのでしょうか。

さっそく、探ってみたものの、TAEKOさんの出身校は、高校も大学も分かっておりません。

もっとも、TAEKOさんは大阪府の出身ですから、高校まではこちらの学校に通っていた可能性が高いでしょうね。

今後、TAEKOさんの高校や大学がどこだったのか、判明することに期待したいと思います。

TAEKOの英語が上手い理由はハーフなのか両親の国籍を調査

おしまいに、TAEKOさんに複数あったという話題性のうち、英語について見ていきましょう。

実は、TAEKOさんは英語力が高かったのでした。

それでは、TAEKOの英語が上手い理由とは、ハーフだったからなのでしょうか?

いっけん、風貌的にハーフのように見えなくもない、TAEKOさん。

しかし、TAEKOさんの両親の国籍を調べてみた結果、とくにTAEKOさんがハーフやクォーターであるという情報は出てきませんでした。

外見もどことなく純日本人というよりも、海外の雰囲気がミックスされているような印象ですから少し意外ですよね。

それでは、TAEKOさんの英語が上手い理由はなにかといいますと、20代前半のころ、フィリピンのセブ島に、短期間ながら、語学留学していたからだったのです。

これなら、あの発音にも納得ですが、上手すぎますので、もちろん、才能もあったのでしょうね。

日本レコード大賞の新人賞を受賞したことによって、最優秀新人賞まで行くのかどうか、楽しみで仕方がない、TAEKOさん。

歌唱力だけではなく、英語が上手いことも、今後、歌手活動をしていくうえで、とても大きく影響していくのではないでしょうか。

TAEKOさんの英語が上手い理由は、ハーフということではありませんでしたが、将来が期待されるアーティストであることに変わりはありません。

20211230日、1730~は、『輝く!日本レコード大賞』を視聴して、TAEKOさんの歌声をくれぐれも聴き逃さないようにしたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)