富野由悠季のガンダム小説一覧|元ネタや影響を受けた海外小説作品を調査

富野由悠季のガンダム作品の画像

アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズを世に送り出してきたことによって、あまりにも有名な存在である、アニメ監督の富野由悠季さん。

しかし、実は、富野由悠季さんは、アニメ監督だけではなく、小説家としても、これまでにそうとう活躍していたのですね。

そこで今回は、小説家としての富野由悠季さんについて、いろいろなことに着目していきたいと思います。

機動戦士ガンダム文庫1-3巻セット
created by Rinker

これまでに富野由悠季さんは、いったい、どういった経歴を誇ってきたというのでしょうか。

富野由悠季さんがこれまでに手がけてきた『機動戦士ガンダム』の小説の一覧や、元ネタ、影響を受けてきた海外の小説作品についても、あわせて探ってみました。

それではさっそく、ご覧ください。

1.富野由悠季の経歴

富野由悠季さんは、1941115日、神奈川県の出身で、20211月現在の年齢は、69歳となっています。

大学卒業後、1964年に、手塚治虫さんの虫プロダクションに入社した富野由悠季さん。

虫プロダクションでは、アニメ『鉄腕アトム』において、演出、脚本、制作進行などを担当して、活躍していきました。

1967年に、虫プロダクションを退社した富野由悠季さんは、東京デザイナー学院の講師、オオタキ・プロダクション、フリー、タツノコプロを経て、1972年、『海のトリトン』によって、アニメ監督としてデビュー。

以後、富野由悠季さんは、1975年には『勇者ライディーン』、1977年には『無敵超人ザンボット3』、1978年には『無敵鋼人ダイターン3』を手掛け、キャリアを積み重ねていったのです。

そして1979年には、とうとう、後世に絶大な影響を残すことになった、あの『機動戦士ガンダム』を世に送り出したのでした。

その後も、富野由悠季さんは、1980年には『伝説巨神イデオン』、1981年には映画『機動戦士ガンダム』、1982年には『戦闘メカ ザブングル』、1983年には『聖戦士ダンバイン』、1984年には『重戦機エルガイム』を担当。

これ以降は、『機動戦士ガンダム』シリーズが多くなっていきます。

さらに1996年には『バイストン・ウェル物語 ガーゼィの翼』、1998年には『ブレンパワード』、2002年には『OVERMANキングゲイナー』を担当。

2003年には金沢工業大学客員教授に就任して、学術分野においても存在感を発揮していった、富野由悠季さん。

2009年には、ロカルノ国際映画祭名誉豹賞を受賞し、国際的に評価されることになりました。

そして2016年には、一般社団法人アニメツーリズム協会理事長に就任しています。

そんな富野由悠季さんは、2005年には映画『ローレライ』、2006年には映画『日本沈没』、2008年には映画『少林少女』、2010年には映画『日本のいちばん長い夏』に出演するなど、俳優としても活動してきたのでした。

これだけの才能を発揮していた富野由悠季さんを、これからも応援してまいりましょう。

2.富野由悠季の学歴

このような経歴の持ち主だった富野由悠季さんは、出身校はどこだったのでしょうか。

富野由悠季さんは、高校は相洋高校、大学は日本大学芸術学部映画科の出身でした。

相洋高校からは、朝乃翔嚆矢さん、織田無道さん、佐藤浩貴さん、内山雄介さん、瀧谷亮さん、尾崎好美さん、三善英史さん、高木優奈さん、相田勇司さんなど。

日本大学芸術学部映画科からは、入江悠さん、ゴリさん、野沢尚さん、石橋蓮司さん、船越英一郎さん、内藤剛志さん、真田広之さん、池松壮亮さん、宗田理さん、竜雷太さん、岡本玲さん、大原櫻子さんなどといった人々が巣立っています。

3.富野由悠季のガンダム小説一覧

さて、小説家としても活動していた、富野由悠季さん。

これまでの『機動戦士ガンダム』の小説をおさらいしていきましょう。

年をまたいでいるものは複数巻です。

1979年から1981年までの『機動戦士ガンダム』。

機動戦士ガンダム文庫1-3巻セット
created by Rinker

1985年から1886年までの『機動戦士Ζガンダム』。

機動戦士Zガンダム文庫1-5巻セット
created by Rinker

1987年から1988年までの『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 小説
created by Rinker

1988年の『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン
created by Rinker

1988年から1992年までの『ガイア・ギア』。

ガイア・ギア文庫全5巻完結セット
created by Rinker

1989年から1990年までの『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』。

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ 全3巻セット
created by Rinker

1991年の『機動戦士ガンダムF91 クロスボーン・バンガード』。

機動戦士ガンダムF91 クロスボーン・バンガード
created by Rinker

1997年の『密会~アムロとララァ』。

密会~アムロとララァ
created by Rinker

2002年の『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー』(逆襲のシャアの旧題)。

そして2003年から2004年までの『機動戦士Vガンダム』でした。

機動戦士Vガンダム 文庫1-5巻セット
created by Rinker

1作や2作ではなく、まさかここまで多作だったとは、おどろきでした。

4.富野由悠季のガンダム小説の元ネタや影響を受けた海外小説作品

富野由悠季さんの『機動戦士Vガンダム』には、実は、元ネタ、影響を受けた海外小説作品がありました。

それは、あのSF界の巨匠であるロバート・A・ハインラインさんの『宇宙の戦士』だといわれていたのです。

『宇宙の戦士』は、ずばり、宇宙戦争を描いた作品でした。

SFを対象にした権威ある賞のヒューゴー賞を受賞するという快挙を達成しています。

宇宙の戦士 新訳版(ハヤカワ文庫SF)
created by Rinker

作中では「モビルスーツ」に着想することになったと思われる「パワードスーツ」が登場。

人体の能力を何倍にも増幅させる力がある代物で、白兵戦に用いられたという設定です。

『機動戦士ガンダム』が好きな方は、『宇宙の戦士』もご覧になってみてはいかがでしょうか。

日本を代表するSFアニメシリーズである、『機動戦士ガンダム』。

富野由悠季さん自身も、おなじくらい有名な存在ですが、小説家としての実績もすばらしいものでした。

今後は、アニメも小説も、それぞれ、目を通してみたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です