渡辺浩弐(わたなべこうじ)の経歴|ゲームキッズシリーズのあらすじや感想を調査

渡辺浩弐の画像

作家の渡辺浩弐(わたなべこうじ)さんについて、ピックアップしていきたいと思います。

渡辺浩弐(わたなべこうじ)さんは、作家だけではなく、実業家、大学教員など、とても多彩な経歴を持つ人物なのでした。

さらに、渡辺浩弐(わたなべこうじ)さんの経歴は、まだまだはばひろいものとなっていたのですね。

そこで、渡辺浩弐(わたなべこうじ)さんの経歴を具体的に確認してまいりましょう。

この記事では、渡辺浩弐(わたなべこうじ)さんの代表作である『ゲームキッズ』シリーズのあらすじ、感想も見てまいりたいと思いますので、ご覧ください。

渡辺浩弐(わたなべこうじ)の経歴

渡辺浩弐(わたなべこうじ) さんは、1962104日、福岡県の出身で、202012月現在の年齢は、58歳となっています。

大学生だったころには、ヒッピーになって、海外生活を送ったという、渡辺浩弐(わたなべこうじ)さん。

やがて日本に戻ってからは、劇団員、ミュージシャン、コピーライターといった、たくさんの職業を体験していきました。

その後、ライターになった渡辺浩弐(わたなべこうじ)さんは、ゲームネタの映画『GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦』の構成を手掛けたことで、ゲームの世界へ進むことに。

やがて、ゲーム情報雑誌の『GTV』を創刊したことで、注目されていき、ゲーム情報を扱っていたテレビ番組『大竹まことのただいま!PCランド』に出演して、有名になります。

そして渡辺浩弐(わたなべこうじ)さんは、『週刊ファミ通』に小説『1999年のゲーム・キッズ』を連載したことによって、作家としての活動を本格的にスタート。

やがて、作家だけにとどまらず、渡辺浩弐(わたなべこうじ)さんは、多様な活動を展開していきました。

GTVの代表取締役、飲食店のK-CAFEのオーナー、早稲田大学大学院非常勤講師など、非常に多くのジャンルを横断するものだったのですね。

これまでに渡辺浩弐(わたなべこうじ)さんが刊行してきた作品は、数えきれないくらいありました。

『ゲーム・キッズ』シリーズが、『1999年のゲーム・キッズ』、『2000年のゲーム・キッズ』、『2999年のゲーム・キッズ』、『2013年のゲーム・キッズ』、『令和元年のゲーム・キッズ』、『2020年のゲーム・キッズ→その先の未来』。

『プラトニックチェーン』シリーズが、『プラトニックチェーン』、『晴れときどき女子高生 プラトニックチェーン』。

『吐田君』シリーズが、『吐田君に言わせるとこの世界は』、『吐田家のレシピ』。

その他、『iKILL』、『モニター上の冒険』、『Mの暗号』、『ヴァーチャリアン嘘つかない マルチメディアの正体を暴く』、『BLACK OUT』、『アンドロメディア』、『「ひらきこもり」のすすめ デジタル時代の仕事論』、『中野ブロードウェイ探偵 ユウ&AI 怪人21世紀』、『ハッピーセカンドライフ』、『死ぬのがこわくなくなる話』、『Hな人人』、『イングレス エージェント・ストーリーズ 01』、『中野ブロードウェイ脱出ゲーム』。

これからも、そんな渡辺浩弐(わたなべこうじ)さんを応援していきましょう。

渡辺浩弐(わたなべこうじ)の学歴

このような渡辺浩弐(わたなべこうじ)さんだけに、その学歴も気になりますね。

渡辺浩弐(わたなべこうじ)さんの小学校、中学校、高校は、明らかになっていません。

しかし、大学は早稲田大学第一文学部卒業でした。

渡辺浩弐(わたなべこうじ)さんは、多様な分野で活躍していただけではなく、学業もすごかったのですね。

早稲田大学出身の作家には、ほかに、青島幸男さん、五木寛之さん、井伏鱒二さん、江戸川乱歩さん、国木田独歩さん、村上春樹さん、横光利一さんなどがいました。

渡辺浩弐(わたなべこうじ)の『ゲームキッズ』シリーズのあらすじ

渡辺浩弐(わたなべこうじ)さんといえば、代表作はやはり、『ゲームキッズ』シリーズ。

ご紹介しましたように、これまでに6作が出ており、第1作の『1999年のゲーム・キッズ』は、近未来を描いていくショートショートとなっていました。

↓アマゾン公式の詳細ページ

ジャンルはSFです。

しかし、一般的なSFと違って、その内容は、現在の世界を予知したような、すばらしい想像力に満ちたものになっていました。

渡辺浩弐(わたなべこうじ)の『ゲームキッズ』シリーズの感想

渡辺浩弐(わたなべこうじ)さんの『ゲームキッズ』シリーズのすごさは、おもしろいだけではありません。

ずばり、その想像力にあったと思いますね。

作中で登場したものが、2020年現在、まさしく現実になっていたからでした。

こうしたこともあって、「20世紀最大の予言の書」ともいわれていたのです。

それだけに、今後の新作も、未来を予言するものとなるのか、目が離せませんね。

渡辺浩弐(わたなべこうじ)さんは、あまりにも幅ひろい才能を持っていたようで、驚嘆しました。

とくに、『ゲームキッズ』シリーズには衝撃を禁じ得ません。

作家としても、「予言者」としても注目ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)